ビーグレンのcセラムでかゆみが起きても副作用の心配はありません

July 26 [Tue], 2016, 14:32
Cセラムはビーグレンを代表するような美容液ですが、口コミを見ていくと肌がかゆくなる、といった感想を見つけることができます。

Cセラムの効果を考えると、確かに肌に痒みが生じる可能性があるものの、よほどのことがない限り、かゆみが悪化したり肌があれる心配はありません。



■かゆみの原因

Cセラムで肌がかゆく感じる原因はビタミンCです。ビーグレンではビタミンCを高濃度に配合しているものの、ビタミンCは弱酸性なので、肌に刺激を感じてしまうんです。

人によってはヒリヒリしたり、肌が赤くなることもあるんですが、時間が経てば収まります。痒みも一時的な症状で落ち着くケースがほとんどです。



ただ、気を付けたいのは、Cセラムを使い始めたばかりで、1週間とか2週間たってもかゆみが全く落ち着かない場合です。

もしくは、Cセラムを使っていたら突然、肌がかゆくなった場合も、Cセラムに含まれる美容成分のどれかにアレルギー反応を起こしている可能性があります。



アレルギー反応が出ている状態で使い続けてしまうと、ニキビが悪化するなどの肌トラブルが起きる危険があります。

サポートデスクに相談して、どんな風に対処すれば良いのか?適切なアドバイスをもらうようにしてください。





■Cセラムで皮がむける?

Cセラムを使うと肌がかゆくなるとか、ヒリヒリする、熱くなるといった口コミのほかにも、皮がむけるという感想も見つけることができます。

Cセラムで皮がむけてしまうのは、副作用でもアレルギーでもなんでもなくて、ビタミンCの新陳代謝を改善する効果が正常に現れている証拠です。


新陳代謝が活発に機能し始めると、肌の内側でどんどんはたらしい皮膚が生み出されます。そして肌表面に向かってどんどん押し出されていきます。

ニキビや肌トラブルが起きている場合、肌表面は分厚い角質で覆われていることが多いものの、肌の内側から強い圧力を受けて、次々と剥がれ落ちていくわけです。



向けていく皮は、あなたの肌に居座っていた頑固な角質層です。潤いもなく硬く乾燥した皮膚なので、肌のトーンを悪くしたり透明感を奪う邪魔ものです。

そんな肌がどんどん消えてなくなり、きれいな皮膚で肌が覆われるようになると、肌の内側の血色が反映されるようになり肌のトーンがアップ。透明感だってよみがえるんです。


ビーグレンが自分の肌質でも安心して使い続けられるかどうか?トライアルセットで確かめてみるにはこちら
↓↓↓





ビーグレンのcセラムでシミやニキビ跡のクレーターを治そう

July 26 [Tue], 2016, 14:29
ビタミンCには様々な美容効果があります。たとえば、抗酸化作用があるため、活性酸素を抑制して肌の老化を防いでくれます。紫外線で肌が老化するのも、活性酸素が増えるせいです。

ニキビ跡に関しても、高濃度のビタミンCが肌の深い部分へと浸透していきますから、ばっちり治すことができます。



ニキビやシミを治すには結局、肌の新陳代謝がカギを握っています。ニキビができた皮膚を肌から追い出すことで、きれいな肌を取り戻すことができるんです。

ビタミンCには新陳代謝を促す効果があり、ビーグレンならばニキビの裏側までしっかりビタミンCを届けてくれます。



つまり、ニキビを肌の内側から押し出すようにアプローチをしてくれるわけです。ニキビが新陳代謝を妨げているからこそ、ニキビ跡となって消えなくなってしまうわけですが、ビーグレンで力強く押し出すことができます。

肌表面までニキビが到達すれば、後は剥がれ落ちるのを待つだけです。クレーターだって肌の内側からアプローチをしていけば、剥がれ落ちて治すことができるんです。



新陳代謝さえ正常に機能するようになれば、ニキビを繰り返す悪循環をスパッと断ち切って、ニキビとは無縁の美肌を作ることができるんです。