ビーグレンのcセラムでヒリヒリする口コミは多いけど副作用はありません。

August 02 [Tue], 2016, 14:12
Cセラムは頑固なニキビ跡のクレーターだって治すし、なかなか消えなかったシミを薄くしてくれる心強い美容液なんですが、肌のへの刺激を訴える口コミも多いです。

Cセラムに配合されている美容成分のことを考えると、避けられない症状ではありますが、肌に悪影響を与えているわけじゃないので、安心して使い続けることができます。



ヒリヒリすると言っても、肌に触るのがいやんなるほど痛いわけじゃないし、時間が経てば痛みはすぐに落ち着きます。ぼんやりと赤くなったとしてもやはりすぐに元通りになります。



■ヒリヒリする理由

Cセラムを使うとヒリヒリする理由はビタミンCの影響です。ビタミンCがわずかに酸性を帯びているので、肌に酸性刺激が加わる影響です。

ただ、強酸性の塩酸などとは違って、細胞がダメージを受けているわけではありません。あくまでも、「しみる」程度の話です。



ビーグレノの場合、ビタミンCが高濃度で配合されているため、そのせいで余計にヒリヒリしたり肌が赤っぽくなることが多いものの、肌に負担をかけているわけではありません。

ちなみに、Cセラム以外にもいろんなビタミンC美容液がありますが、ヒリヒリするほど刺激を感じるのはビーグレンだけ。



ビタミンCは水溶性と言って、水に溶けやすく油にはじかれる性質を持っていて、そのまま肌に着けても、本来であればバリアー層(皮脂)によってはじかれてしまうんですね。

Cセラムではその点、ビタミンCを脂溶性のカプセルに閉じ込めています。油に溶けやすい性質を帯びているので、皮脂層を難なく通過して肌の奥へと浸透していくわけです。



■ニキビケアは浸透力がカギ

逆に言うと、ビタミンCを配合しているからと言って、肌に何の刺激も感じない場合、ビタミンCがそもそも肌に浸透していない可能性があります。

肌表面のごく浅い部分までわずかに浸透しただけで、大半が肌にしみ込む前に、流れ落ちてしまうわけです。



Cセラムは肌に刺激を感じるわけですから、肌にしみ込んでいるのは間違いありません。さらにビタミンCの「構造が壊れやすい」という欠点もカプセル化によって解決しています。

ビタミンCが美容効果を発揮できる構造のまま肌の奥まで浸透できるからこそ、頑固なニキビ跡のクレーターだって、炎症性色素沈着だって治すことができるんです。



Cセラムの口コミを見ていくと、ニキビ跡の赤みや赤ニキビの炎症が1週間くらいで随分と小さくなった!という声を見つけることができます。

他の美容液では治らなかったニキビ跡のクレーターも、Cセラムを使い始めてから1ヶ月で薄くなってきた!という体験をしている人もたくさんいます。



浸透力が強く、クレーターの裏側まで回り込めるのはビーグレンだけです。クレーターよりもずっと深い位置から肌の新陳代謝を促して、クレーターを肌表面にどんどん押し出してくれるんです。

最終的にはクレーターによって傷がついた皮膚がどんどん肌から剥がれ落ちていきます。新しい皮膚が顔をだし、ニキビがあったなんて思えない肌を取り戻すことができますよ。



新陳代謝が正常に機能していれば、ニキビが出来そうになっても、悪化することはありません。赤ニキビになる前に肌表面から追い出してくれるからです。

ニキビを直し、ニキビとは無縁の肌にしてくれるビーグレンの効果をトライアルセットで確かめてみるにはこちら
↓↓↓





ビーグレンで使われているのはビタミンC誘導体ではありません。

August 02 [Tue], 2016, 14:10
ビタミンC誘導体とは、ビタミンCの「肌に溶けにくく構造が壊れやすい」という欠点を補うために開発された美容成分。
ビタミンCの周りに余計な成分をくっつけていますので、ビタミンC濃度がその分、薄まってしまい、効果も薄れてしまいます。

性質も若干変わって、肌質によってはダメージがある可能性があるものの、ビーグレンではビタミンCがそのまま使われているので、肌に負担をかける心配がありません。