口コミではビーグレンでニキビ跡もシミも美白できる!

July 15 [Fri], 2016, 15:24
ビーグレンの口コミはアットコスメでも多いほうだし公式サイトでも数百件以上あります。これらの口コミを眺めていくと、おおむね、美白効果の評価は高いです。

実際にシミが消えるまでの期間には個人差があるものの、効果を判断するのがあまりにも早い場合を除いて、シミが消えた!ニキビ跡の色素沈着が薄くなってきた!という声は多いですよ。



■ハイドロキノン1.9%で大丈夫?

ビーグレンの美白の秘密はハイドロキノンです。ハイドロキノンがシミの原因であるメラニン色素にはたらきかけて色を薄めてくれるんです。

ハイドロキノン化粧品は美白効果がの評判が高く、他でも使われていることが多いんですが、ビーグレンをこだわって続けると良いこともあるんです。



ハイドロキノンは通常、濃度に比例して美白効果が高まります。つまり高濃度になればなるほど強力にシミを消してくれるんです。

ただ肌への刺激が強くなって副作用の危険も出てくるので、日本では5%を超える濃度は病院へ行って処方してもらう必要があります。


5%未満なら市販品で手に入れることができるんですが、ハイドロキノンの副作用を考量して、だいたい3%弱にとどめているケースがほとんどです。

ビーグレンが美白効果が高いということは、濃度が高く設定されている?と思いきや、その逆で、1.9%というきわめて低い濃度になっているんです。



他のハイドロキノン化粧品に比べて圧倒的に濃度が低いので、美白効果があるのか?かなり不安を覚えるものの、ビーグレンには浸透力という強い武器があります。

シミができている部分の裏側までしっかりハイドロキノンを届けてくれるのはビーグレンだけです。



シミの表側だけじゃなくてシミ全体を包み込むように美白効果を発揮してくれるので、低濃度でもしっかりシミを薄くしてくれるんです。

1.9%程度であれば敏感肌でも、ハイドロキノンのせいで肌が赤く腫れたりヒリヒリすることなく、安心して使い続けることができるんです。



■新陳代謝の改善も優秀

ビーグレンは新陳代謝を改善する効果も優れています。高濃度のビタミンCを肌の奥までしっかりしみこませることができるからです。

シミができている部分は通常、シミによって新陳代謝が妨げられています。そのため、シミがいつまでも肌に居座ってしまうわけです。



ビーグレンならば、シミの裏側から強力に新陳代謝を促してくれますから、肌の内側からシミを肌表面へとどんどん押し出すことができます。

ハイドロキノンでシミを薄くしつつ、最終的にはシミができている肌をどんどんはがしていき、シミが全くない肌を取り戻すことができるんです。



新陳代謝が機能していれば、シミができかけても大きくなる前にはがれてしまうので、根本的にシミができにくい肌になっていきますよ。

シミを消すだけじゃなくてシミができない肌にしてくれるビーグレンをトライアルセットで試してみるにはこちら
↓↓↓








ハイドロキノン使用時の注意点 白斑は大丈夫?

July 15 [Fri], 2016, 15:20
ハイドロキノンを使って美白ケアをした場合の事故として、白斑が起きることがわかっています。ハイドロキノンによってメラニン色素だけじゃなくて肌の色そのものが失われてしまう可能性があるんです。
ただ、ハイドロキノンによって白斑が起きるのは、高濃度で使い続け場合です。3%以下のハイドロキノンは、使い方を守っていれば安全に使い続けることができます。

ハイドロキノンはメラニン色素の生成も抑えてくれるので、日中の使用は避けなければいけません。夜間に使うのが基本です。
こういったルールを守っていれば、ビーグレンならば早い人だと1ヶ月くらいでシミが薄くなるのを実感できますよ。