ビーグレンなら肌を乾燥させることなく美白効果が期待できます。

March 03 [Fri], 2017, 14:06
ビーグレンには美白効果が高いことで知られているハイドロキノンが使われています。ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われるほどシミを消す効果が高いです。

口コミでもハイドロキノンの美白効果は高い評価を集めていることがわかるんですが、逆に肌が乾燥したり、乾燥肌を悪化させる危険はないんでしょうか?詳しく調べてみました。




■ビタミンC誘導体の危険性

ビーグレンのハイドロキノン化粧品「QuSomeホワイトクリーム1.9」で肌の乾燥がひどくなる危険は極めて小さいと考えて大丈夫です。

ただ一つ気を付けてほしいのは、QuSomeホワイトクリーム1.9を使うタイミングです。ハイドロキノンを塗った部分は紫外線から肌を守るメラニン色素の生成を止めてしまうからです。



メラニン色素がシミを濃くしたり増やす原因ではあるものの、紫外線のダメージを吸収する役割を持っています。紫外線をもろに浴びてしまうと、保湿効果のある成分(コラーゲンやヒアルロン酸など)を壊したり、生成力を奪ってしまうので、肌が乾燥してしまう可能性があります。

QuSomeホワイトクリーム1.9を使うのは夜間だけにして、日中はできれば紫外線対策をするのがベストです。




ビーグレンでは、乾燥肌が使うと乾燥を強めてしまうビタミンC誘導体が使われていません。ビタミンC誘導体には実は、水溶性と脂溶性という2種類あって、水溶性だと肌の水分を奪う性質があるんです。

乾燥肌の人が美白化粧品を選ぶ場合、水溶性のビタミンC誘導体が使われていないかどうか?よく調べる必要があるんですが、ビーグレンで使われているのはビタミンCそのものです。



ビタミンC誘導体とはビタミンの欠点(構造が不安定で壊れやすく、肌への浸透力が弱い)を補うために、ビタミンCに余計な成分をくっつけたもの。

ビーグレンだと、そんな苦し紛れの対策なんかしなくても、浸透力の強いナノカプセルの中にビーグレンを閉じ込めているので、肌の奥までしっかりビタミンCの美容効果を届けることができるんです。



ちなみにハイドロキノンほどではないですが、ビタミンCにも美白効果があるので、より効果的にシミやソバかす、それにニキビ跡の色素沈着を消すことができるんです。



■保湿成分の生成力アップ!

ビーグレンではむしろ、使えば使うほど肌の保湿力が高くなると考えてよいんです。保湿成分(コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸など)の生成力アップする美容成分、EGF・FGF・ポリリン酸が配合されているからです。

私たちの肌には保湿成分を生成している線維芽細胞があるんですが、年齢や紫外線の影響などによって、その働きがどんどん鈍ってしまいます。



しかしEGF・FGF・ポリリン酸が線維芽細胞の増殖を促してくれます。新しく生まれてくる皮膚には保湿成分がたっぷり蓄えられているわけです。

保湿力のある皮膚で肌が充実するようになれば、肌がみずみずしくなるのはもちろん、弾力もよみがえって、触った感じがもちもち・ぷにぷにになります。



それだけじゃなくて、紫外線のダメージに対しても対抗できるようになるので、シミやそばかす、ニキビもできにくくなります。

ハイドロキノンによってシミが薄くなり、最終的にシミができている皮膚が剥がれ落ちた後は、きれいな肌を維持し続けることができるんです。


肌の乾燥を抑えつつ、美白を効果的に進めてくれるビーグレンをトライアルセットで試してみるにはこちら
↓↓↓







ビーグレンのハイドロキノン化粧品の特徴

July 05 [Tue], 2016, 14:03
ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9では、ハイドロキノンの濃度が1.9%なので、決して高くはありません。効果があるのか?疑いたくなるレベルです。
ただ、ビーグレンだと強い浸透力がありますから、シミに対して裏側まで回り込むことができます。つまり、シミを包み込むようにアプローチしてくれます。

こんなことができるのはビーグレンだけです。1.9%なら肌への刺激も低いですし、何よりも価格も抑えられますから、コスパ良く美白ができるんです。

ビーグレンの口コミ 肌の乾燥に良い食べ物

July 04 [Mon], 2016, 15:09

肌に馴染んで、少しするとぐんぐん吸収されていく感じで、後の肌はしっとり潤いに満ちていました。



触ってみると、潤いに満たされて、しっとりしていますし、べたつくのではなく、スベスベしてきました。



以前から胸元や背中ニキビに悩んでいたのですが、使い始めて1週間ほどで赤いぽつぽつが目立たなくなりました。




肌の乾燥を改善するためには、保湿成分を充実させる必要があります。代表的なものにはコラーゲンがありますよね。
コラーゲンを肌に直接補うのは、効率が良いように見えて、実は肌にほとんど浸透させることができません。肌表面を一時的に保湿するくらいの効果しか期待できません。

コラーゲンは体に取り込んだほうが、より確実に吸収できるんですが、コラーゲンって結局、ゼラチンと成分はほとんど変わらないんです。
コラーゲンというネーミングにすると、さも美肌によさそうだから、価格を釣り上げることができるだけ。実際には安価で手に入れることができるんです。

ゼリーなどを食べることでゼラチンを補うことができるし、普段の料理にゼラチンを簡単に混ぜることができますよね。