ビーグレンなら30代のシミやニキビ跡を消して若返りできる!

February 10 [Fri], 2017, 13:26
30代になると20代に比べて基礎代謝が落ちてしまうので、肌トラブルも改善しにくくなってしまいます。

スキンケアが難しくなっていく中で、ビーグレンでケアを通津て行けば、年齢に負けない肌を作ることができます。



20代のころから引きずっている頑固なニキビ跡や、紫外線対策を怠ってできてしまったシミだって、30代からでも十分に治すことができるんですよ。


■シミを消すならハイドロキノン

紫外線の怖いところは、影響が徐々に蓄積してしまうところ。若いころに浴びてきた紫外線の影響が年を取って代謝が落ちてきた頃に一気に出やすくなるんです。

肌の新陳代謝のスピードも鈍ってしまうので、シミがなかなか治りにくくなるものの、ビーグレンのハイドロキノン化粧品、QuSomeホワイトクリーム1.9でシミを消すことができます。



ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われるほど美白効果が高く、シミの原因であるメラニン色素から色を奪って薄めてくれます。

さらにメラニン色素の生成も抑えてくれるので、シミが今よりももっと大きくなったり増えてしまうのを防いでくれるんです。



他のハイドロキノン化粧品に比べて、ビーグレンは強い浸透力を備えていますから、シミのができてる部分の裏側にまでハイドロキノンがしみ込んでいきます。

シミの表側だけじゃなくて、シミ全体を包み込むようにアプローチしてくれるので、シミが消えるまでの期間も比較的早いです。

口コミでは、1ヶ月でシミがだいぶ薄くなってきた!という声もあり、2〜3か月ですっかりシミをなくせる期待が持てます。



■インナードライ肌改善

20歳を過ぎてからできる大人ニキビは、思春期ニキビとはちょっと違います。肌表面は皮脂が充実しているのに、インナードライ肌のせいで、皮脂分泌が過剰になっている可能性があります。

肌表面は皮脂が充実していても、肌の内側が乾燥していると、私たちの体が「肌を乾燥から守らなきゃ!」と勘違いをして、皮脂の分泌を促してしまうんです。



その結果、皮脂分泌が過剰になって毛穴を詰まらせたり、雑菌の繁殖を促してニキビができてしまうというわけです。

インナードライ肌を改善するには、肌の保湿を担っている成分「コラーゲン」の量を増やす必要があります。



ビーグレンの美容液「Cセラム」に含まれている美容成分、ビタミンCにはコラーゲンの生成を促す効果があります。

さらに、皮脂分泌を抑制する効果もあるので、インナードライ肌を効果的に改善することができるんです。


コラーゲンの生成量は年齢とともにどうしても落ちてしまいます。それに、紫外線の影響でコラーゲンは壊されてしまうので、早目に対策をしておかないと、しわが深く刻まれるような結果になりかねません。


ビーグレンならば、年齢と共に衰える肌の力を補ってくれるので、年齢に逆行するように肌の調子を整えてくれますよ。

年齢に負けない肌を作れるビーグレンの効果をトライアルセットで試してみるにはこちら
↓↓↓







新陳代謝をカバー

July 28 [Thu], 2016, 13:18
30代になると肌の新陳代謝のテンポも一気に遅くなっていきます。肌の生まれ変わりのスピードが遅くなることで、肌トラブルが治るまでの時間も余計に長くなってしまいます。

ビタミンCには肌の新陳代謝を促す効果があり、ビーグレンならば、肌の奥までビタミンCをしみ込ませることができます。



つまり、肌の浅い位置から深い位置まで、広い範囲にわたって皮膚を活性化させることで、新陳代謝のスピードを一気に加速してくれるんです。

新陳代謝が活発に機能してくれれば、シミができかけても、メラニン色素が必要以上に大きくなる前に肌から追い出されていきます。



今までだったら大きく腫れるまで悪化していたはずのニキビだって、そこまでひどくならずに、小さいまま消えてなくなってしまいます。


ビーグレンの口コミ 30代の肌にはビタミンEも大切!

July 27 [Wed], 2016, 14:05

最近、胸元にポツポツと赤いニキビができていてとても気になっていたのですが、使い始めた3〜4日後にはもう効果が現れて、赤くポツっと目立っていたニキビが薄く目立たなくなりました



数年前に肌荒れで悩んでいた時に、皮膚科で勧められて以来ずっと使っています。お陰で今は肌荒れで悩むことはありません。



今までたくさんのニキビ対策の化粧品を使ってきましたが、この商品以上の満足感を得たことはありません。



私たちの肌は年齢と共に新陳代謝が遅くなっていきます。一般的に「年齢X1.5日」かかると言われていて、30代の場合には45日くらいかかる計算になります。
20代に比べると新陳代謝は確実に遅くなってしまうわけですが、肌の老化が進んでしまうと、新陳代謝がさらに鈍くなってしまいます。

そこで、肌の老化を防ぐためにビタミンEも体の中から補うようにしましょう。ビタミンEは老化の原因である体の酸化を防いでくれるからです。
具体的には、活性酸素という細胞を酸化させる有害物質から肌を守ってくれるのがビタミンEです。

コラーゲンなどが破壊されるのを防ぎ、肌の保湿力や弾力が奪われるのも防いでくれますよ。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ビーグレン30代
読者になる
2017年02月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ヤプミー!一覧
読者になる