一部で弱いインフレ指標が見られた

May 30 [Tue], 2017, 11:16
インターンをめぐる企業の早期囲い込みや就職活動の過熱化への懸念の背景には、年々深刻化する若手人材不足の問題がある。

国勢調査や国立社会保障人口問題研究所の統計を元に国土交通省がまとめた資料によると、日本の総人口に占める20〜39歳の割合は、1970年で35%、2010年で25%だったが、2060年には17.4%にまで減少する。
グッチiPhone7ケース

帝国データバンクの「人手不足に対する企業の動向調査」(2017年1月)では、43.9%の企業が「正社員が不足している」と回答してい
 早期発見が難しいとされる膵臓(すいぞう)がんの患者は、離職率が他のがん患者と比べて約2倍に上るとの調査結果を、がん患者の就労を支援する一般社団法人「CSRプロジェクト」(東京都)がまとめた。治療に専念するケースもあるが、自由回答では「治療費が必要なのに仕事を続けられなかった」との声もあった。
エルメス iphone8ケース

 膵臓がんの患者会「パンキャンジャパン」の協力で、2〜3月、患者26人と家族・遺族26人の計52人から回答を得た。診断後の就労状況は、以前と同じが54%、離職(解雇を含む)が23%、転職が4%。
ルイヴィトンiphone7ケース同法人が昨年実施した膵臓がん以外のがん患者300人への調査では離職率は12%で、約2倍の差があった。就労継続に影響を及ぼした要因としては「体力の低下」「薬物療法に伴う副作用」が多かった。
シャネルiphone7ケース

 また、診断後の経済的な負担も、膵臓がん患者は84%が「とても負担」「やや負担」と答え、その他のがん患者の同じ回答(51%)を大きく上回った。

 膵臓がんは発見された時は進行して治療が難しくなっていることも多く、国立がん研究センターの分析による5年生存率は7.7%と、胃がん(約65%)、乳がん(約92%)などより低い。
シャネルiphone8ケース国の次期がん対策推進基本計画では、こうした難治性がんへの対策が初めて盛り込まれる予定だ。

 同法人の桜井なおみ代表理事は「就労の継続は、社会とのつながりや経済的な支えなど、患者にとって重要な意味を持つ。
ディオールiphone7ケース本人が希望するなら、周囲も意思を尊重し仕事が続けられるよう支援することが必要だ」と訴える。る。
マイケルコースiphone7ケース

高齢化する日本社会で、若手人材の確保は企業の生き残りをかけた命題になっているのだ。
[シンガポール 29日 ロイター] - 米サンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁は29日、過去数カ月は米インフレ指標の一部が弱含んだが、中期的な基調は依然として「かなり良好」との認識を示した。
シャネルiphone7ケース記者団に述べた。

米経済は2%近い成長が続き、失業率は非常に低く、雇用創出も好調だと述べ、こうした状況によりインフレ率が2%へ上昇する公算が大きいとの見方を示した。
Michael Kors iphone7ケース

「過去数カ月間に一部で弱いインフレ指標が見られたが、これは主に特殊要因によるものだとわれわれは認識している」と語った。

その上で「中期的な基調に注目することが常に重要だが、かなり良好な状況にあるとみている」と述べた。
シャネルiphone8ケース
長年、就活の現場を研究するリクルートキャリア就職みらい研究所の岡崎仁美所長は、文科省の今回の結論について「インターン生に内定を出すなどの採用活動との一体化は、就活の早期化・長期化を急加速させる可能性があり、その抜本的な解決策が見つからない中で、解禁するのは時期尚早。とはいえ引き続き検討課題ではある」と説明する。
ルイヴィトンiphone7ケース

国や経団連の指針とは別に、実際は早期に内定を出す動きもある中で、インターンや就活の位置づけに悩む学生に対しては「はっきりしたルールを決めてほしいと思うかもしれないが、就活は答えのない社会に入っていく、一つの関門。主体的に考えて、行動してほしい」と話している。
シャネルiPhone7ケース
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bgklk
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる