エルメスがかばんはどうしてこんなに高いですか?Hermesはどうしてそんなに高いですか?

August 10 [Fri], 2012, 17:15
エルメスはどうしてこんなに高いです。とっくにみんなとこの問題を言うと思って、1つのエルメスのプラチナの金包、価格は7千ドルから10数(何)万ドルの待たないことまで(へ)。上海の恒隆広場のエルメス店の中で何匹のエルメスを並べてかばん、基本的な価格ラインの7万人民元。スーパーコピーしかし、たとえあなたは金持ちですとしても、あなたのエルメスを買う話は関係に任せて裏で取り引きすることを要します。まじめにもし並ぶならば、あなたは待っているようにしましょう、5年がすべて新鮮ではないだことを待ちます。
たくさんで贅沢なブランドはすべて手製で製作を形成して、しかし事実上別に純粋でない手作業、技師がミシンの共通の生産を結び付けるので、あなたは取っ手に行って、私はファスナーに行って、流れ作業。エルメスのかばんの製作、言えることができるのは徹頭徹尾の手作業です。1匹のHermesはかばん、同一の技師から、皮のエプロンをつけて、ろうの麻糸にしみこむことときりを持って、1針1針、3日の完成を使います。職人はかばんの姿勢をして、少し私達は小さい時私達のよく会ったのが靴職人を修理するようです。エルメスのかばんの宝物を作って、1種の代々伝わる針灸の技術で、両中とじ(Double saddle stitch )といいます。このような針灸の技術は手製で完成を使うことしかできなくて、ミシンは取って代わることができないのです。コピーブランドおりて求めるのは1枚のエルメスの職人達のパリ仕事場の中の写真です。
手作り以外取り上げる価値があったのは皮が推測したのです:

1.荷の皮は推測して、最もボールの最も良い皮革の供給商、第1ラウンドは皮の権力がエルメスのに残しておくのなことを選んで、その次にようやくその他のブランドに番になることができますLV、GUCCI。いかなるはすべて要らないのな傷の皮革のエルメスがあって、エルメスの使った皮革はただすべての良い皮の材料の10%だけを占めます。

2.皮の種、Hermesは普通は最も常用する皮は:牛革、ヒツジの皮、トカゲの皮、ダチョウの皮、ワニのサメ皮など。2009年にやっと蛇の皮の製品を出しました。

まず言うのは牛革で、エルメスの牛革が多くの種(普通は皮革の位置、模様と牛の種類などで分ける)に分けて買うもとに万里が1の皮革を選んだ後に、エルメスは手作業の皮の質の方法を採択して皮革を加工しにくるのです。各種の異なる皮革をその特性が現れさせて、美しいしわを創造します。

ダチョウの皮のエルメスはただダチョウのお尻の位置の皮革だけを選んで、ダチョウの毛穴が大きいためで、お尻の位置の毛穴は最も平均していて、見るのはより美しいです;その他のブランドのしわは不規則な形が現れて、毛穴と毛穴の間の間隔の大きさは一様でありません。

スーパーコピー時計 ワニのサメ皮、エルメスに自分のワニの養殖場があって、しかも普通な小金持ちのエルメスは包んですべて1全体のワニからつくって、アメリカのためワニとアジアのワニの体積は小さいです。しかも、エルメスのワニのサメ皮の模様はつまりワニの背負う四角なものは次第にゆっくりと小さくなるので、つりあいがとれていしかも規則正しいことがあります。たとえ何匹のワニのつくる大きいかばんですとしても、皮と皮の間のはすきまをつないですべて完全無欠な事態をやり遂げることができて、1全部の塊の皮のようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bgjgd883652
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bgjgd883652/index1_0.rdf