双子娘語

2005年10月13日(木) 15時52分
双子娘も16ヶ月になり、日に日におしゃべりが増えてきました。おかげで、すっかり賑やかな我が家です。

しっかりと聞き取れる単語が多くなってきたと同時に、全く意味の解らない言葉も増えたように感じます。

もしや、これが噂の「双子語」の始まり?!

双子には、「双子語」なる二人の間だけにしか通用しない、独自の言葉が発達すると聞いたことがあります。

言葉を話し始めた子どもは、誰でも意味の解らない言葉を発しますが、周りとのやり取りを繰り返し、修正されていきます。しかし、双子は互いに意味が通じ合ってしまうので、修正されずに使い続けるらしいのです。

もちろん、双子全員がそういった発育をしていくわけでは無いでしょうけれどね。

これから、双子娘がどのような言語発達をしていくのか、興味深く見守っていきたいと思います。

双子の世界には入っていけませんが、勝手に訳を付けてみました。大きく間違っているかもしれません(笑)。



ちなみに、息子は双子語が理解できると主張していますが、多分ホラだと思います。


ランキング参加しています。
           クリックしてくれると嬉しいです。


  • URL:http://yaplog.jp/bgg/archive/86
プロフィール
住まい:北カリフォルニア
息子+双子娘パパ(夫):普通の会社員
息子+双子娘ママ(私):普通の専業主婦
息子Leo:2000年生まれの元気な男の子
双子娘Lisa, Lina:2004年生まれの二卵性双生児
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bgg
読者になる
Yapme!一覧
読者になる