困った時はハンバーグ!

2005年08月09日(火) 14時53分
「ママの餃子が食べたい!」

ここ数日、息子の催促が続いていました。昨日になってついに、

「一体いつになったら作ってくれるの?」

と親子の信頼関係を脅かすところまで来ました。もう作るしかありません。早速日系スーパーで買出しです。

挽き肉、白菜、玉ねぎ、餃子の皮・・・

これで材料は揃いました。他に必要な物も買い足し、意気揚々とスーパーを後にしました。フリーウェイを運転中、

「ハッ!」

一瞬にして凍りつく私がいました。

「ニラがない・・。」

我が家の餃子はニラをたっぷり使います。ニラがなければ作れません。しかし、双子娘の昼寝の時間も迫っています。数分悩んだ結果、引き戻すのは諦めました。

日ごろ、息子には約束は守りなさい、と言い聞かせています。どうしたら、母親の威厳を失わずに夕飯を乗り切れるのでしょう。悩みに悩んだ結果、非常にシンプルな結論に到達しました。

「所詮、子ども。昨日の約束は覚えていないに違いない。大好きなハンバーグでも作ってあげれば単純に喜ぶはず。」

完璧です。かくして夕飯は、ハンバーグに変更になりました。

万全の体制で待機していると、いつもの時間に電話が鳴りました(夫の携帯からです)。

「ママ、今日のご飯は?!」

おお、良かった、昨日の約束は覚えてなさそうです。

「Leoの大好きなハンバーグだよ。」

「餃子はどうしたの?」

ガーン、やっぱり覚えていました。それでもハンバーグの効果はあったようで、ニラを買い忘れたことを伝えたら、あっさり諦めてくれました。

そんな訳で、今日の夕飯はハンバーグでした。



ハンバーグをすごい勢いで平らげた息子が最後に一言。

「ママって料理上手だね!」

やれやれ、かくして餃子騒動はハンバーグで幕を閉じました。

---

おまけ、今日のお買物の一部。

日系スーパーでは、日本の食材はほとんど手に入ります。






ランキング参加しました。クリックしてくれたら嬉しいです。



調子に乗って、双子娘にもハンバーグを上げてみましたが、拒絶されました。



  • URL:http://yaplog.jp/bgg/archive/18
プロフィール
住まい:北カリフォルニア
息子+双子娘パパ(夫):普通の会社員
息子+双子娘ママ(私):普通の専業主婦
息子Leo:2000年生まれの元気な男の子
双子娘Lisa, Lina:2004年生まれの二卵性双生児
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bgg
読者になる
Yapme!一覧
読者になる