新作 ルイ·ヴィトン [Louis Vuitton] iPhone 6 Leather ケース

March 20 [Fri], 2015, 16:02

■商品名: 新作 ルイ·ヴィトン [Louis Vuitton] iPhone 6 Leather ケース ■対応機種:iphone6 iPhone6Plus ■ご注意: ※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。 ※携帯本体は付属いたしません。 ※サードパーティ製品 ※只今は送料無料


 ルイヴィトンiphone6カバー


http://topeyle.com
ロア?インターナショナルは、ディズニーと映画『スター?ウォーズ』のキャラクターをモチーフにしたChabel(チャベル)ブランドのiPhone 6用ケース「TOK(トック)スタンドケース」を販売開始した。価格は2,462円。公式オンラインショップから購入可能となっている。

【もっとほかの写真をみる】
携帯ケース コピー。。
同製品は、ディズニーと映画『スター?ウォーズ』のキャラクターが描かれたiPhone 6用ケースである。キャラクターのライセンスを持つMOMOT社との共同で製品化された。素材はポリカーボネート、ポリウレタンを使用している。本体背面にポップアップ式のスタンドを装備。背面中央の隆起した部分を押すと、U字状のスタンドが現れる。デザインは、ブルーの背景にミッキーマウス柄の「ディズニーミッキー」、ピンクの背景にミニーマウス柄の「ディズニーミニー」、並んだダース?ベイダーがチェック柄にも見える「スターウォーズ ダースベーダ―」、TIEファイターやXウィングなどを散りばめた「スターウォーズ ギャラクシー」の4種を用意している。
【関連記事】PFUの「SnapLite」は、iPhoneと連携してスキャナになる卓上ライトです。一見すると単なるデスクライトですが、高輝度LEDを2つ搭載して暖色(2700K)と白色(5000K)に切り替えられるほか、iPhoneに無料アプリを導入すればオーバーヘッドスキャナに早変わりします。
 本体とiPhoneはBluetoothで接続されるため、ケーブルは不要です。iPhoneを本体上部の台座に設置して、赤く表示されるレーザーガイドの枠内に被写体を置けば、自動的に撮影モードに切り替わり、あとは本体下部にあるリスのマークにそっと触れるだけでスキャンが始まります。取り込んだ画像は余計な背景が自動的にトリミングされ、傾きも直された上でカメラロールに保存されるため、シェアも容易に行えます。

本体上部の台座にiPhoneを置いてボタンを押せばスキャン完了
iPhone+デスクスタンド=スキャナ!?
シャネルiphone6 ケース。。
インテリアとしても機能するデザイン

 価格は1万2800円(税込)と安くはありませんが、インテリアとして生活に溶け込んだ“照明機器”としてユニークな存在と言えるでしょう。なお、対応するiPhoneは、iOS 6.0以降を搭載したiPhone 6 Plus/6/5s/5c/5となっています。
しかし、MWCにおける彼らのプレゼンスは、端末だけではない。MWCはもともと、端末だけでなく通信機器や通信事業者の祭典でもある。実際、エリクソン、ノキア、そしてファーウェイといった、グローバル市場で通信機器をリードするベンダーは、商談スペースも兼ねた超大型のブースを毎年設置しているし、MWC期間中はバルセロナの町中も彼らのロゴを貼り付けた招待客向けのリムジンが大挙して走り回る。
人気ブランド携帯カバー。。
 その通信機器分野でも、彼らはエリクソンなどの第一人者に負けない存在感を示している。たとえばMWCを控えた2月には、NTTドコモの第5世代移動通信方式(以下5G)の実験協力パートナーに、同社が名を連ねることになった(参照:NTTドコモのプレスリリース)。先行して実験に取り組んでいた国内外ベンダーに後発として参加するものだが、マルチユーザMIMOや多元接続の高度化に関する実験等、以前から彼らが得意とするTDD技術を活かした役割を担っている。
6Plusケースシャネル。。
 日本を含む米国の同盟国では、国家安全保障の観点から、ファーウェイを筆頭とする中国ベンダーへの警戒感がいまだ根強い。一方で、巨大市場を背景とした価格競争力だけでなく、技術力のあるベンダーとして、中国勢を無視することはもはや難しい。そうした「グローバル市場の現実」が垣間見えるのも、MWCならではの風景である。

● 今年は「インフラの年」? 
ルイヴィトン iphone6 ケース。。
 MWCは端末、通信機器、サービス、プラットフォーム、周辺機器、デバイス、そして最近ではアプリも取り込みつつある、モバイル産業のイベントである。出展者も、特に常連と言えるような事業者たちは、その年々の勢いに応じて、毎年趣向を凝らした展示や発表を行っている。

 またMWCは単なるイベントではなく、実際に商談が活発に行われ、ここから産業のトレンドが生まれることもしばしばある。実際、一般来場者が立ち入れるスペースは全体の半分強くらいで、「奥の院」たる各社のホスピタリティスイートや会場近くのホテル等が、本当のビジネスの現場でもある。

 MWCを毎年定点観測していれば、今年は誰が元気なのか(元気ではないのか)、例年に比べてどのような変化が生じているのか(生じていないのか)、ということが感じ取れる。そしてそれは、世界的なモバイルトレンドを肌で感じるということでもある。

iphone6ケース ブランド。。
 そうした視点で今回のMWCを振り返ると、今年は「インフラの年」だったように思える。筆者の好みを言っているのではなく、MWC全体を見渡してみての所感だ。
iPhone6ケース香水風。。
 まず、エリクソン、ノキア、ファーウェイというインフラ主要3社の足並みが概ね揃った、という印象が残った。詳細は次回以降に触れるが、キーワードは「インフラのソフトウェア化」「現実主義」「見えてきた5G」である。この3社が概ね同じコンセプトで揃ったということは、インフラに関する世界的なトレンドはほぼ一つにまとまった、ということである。
エルメスiPhone 6ケース。。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bgfgdrtg
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bgfgdrtg/index1_0.rdf