ポンポンと話を進めていくとよいでしょう。<

July 21 [Mon], 2014, 22:48
写真を拡大 写真を拡大
商売心理学のプロが伝授。嫌味なく買う気へ誘う秘策
商談相手の「ツボ」を攻めよ
■目? 耳? 皮膚? 客の秘孔発見法:物事を理解するときの「利き感覚」がある

 人によって右利きと左利きがあるように、人間には物事を理解するときの「利き感覚」があります。アイフォン5 カバーお客様の秘孔を見抜ければそれぞれの相手に対し効果的なプレゼンができます。

 人の利き感覚は「視覚型」「聴覚型」「身体感覚型」に大きく分けられます。グッチiPhone 5 携帯ケース

 「南国の海を想像してください」と言われたときに、青い海や白い雲を思い浮かべるような人は視覚型。波音やカモメの鳴き声が聞こえてくるような人は聴覚型。ipad2 ケース水の冷たさや砂浜を歩く足の裏の感覚、太陽のジリジリした感覚を感じる人は身体感覚型です。

 では、どうすれば人の利き感覚を見分けることができるでしょうか。グッチ iPhone ケース

 視覚型は早口の人が多いのが特徴です。映像やビジュアルは情報が多いので、そうしたとらえ方をする視覚型の人は早口になりがちなのです。iphone5 シリコンケース ブランドまた、目線が上向きになる傾向があり、高いところから視野を広げてみようとするので、わりと姿勢がよい。会話のなかに「見える」「キラキラする」といった言葉がよく出てくる傾向もあります。シリコンケース周年記念ライブを徹底レポート
リアルサウンド 7月7日(月)20時34分配信
写真を拡大 写真を拡大
大橋純子にとっての“シティポップ”とは? デビュー40周年記念ライブを徹底レポート
デビュー40周年を迎える大橋純子。
 下北沢ロフトは小さなライブハウスで、キャパはスタンディングで公称80名だが、実際にその人数が入ったら相当にスシ詰めだろう。iphone ケース ブランド

 2014年7月4日にその下北沢ロフトで、大橋純子デビュー40周年記念スペシャルライブが開催された。6月18日に発売されたセルフベスト・カバーアルバム『LIVE LIFE』に封入のハガキで応募したファンから抽選で40名だけを招待した、まさに特別なライブである。グッチ iPhone ケースフロアには椅子が並べられたため、40名で満員なのだ。客層は、まあ当然だが、活動初期からの熱心なファンが中心のようだった。ケース コピ

 最初のMCで、初めてライブハウスで演奏したのもこの下北沢ロフトだったという逸話が紹介された。デビュー2年目、38年前のことだったそうだ。シリコンケース

 下北沢ロフトのオープンは1975年。大橋とほぼ同じキャリアということになる。グッチ iPhone ケース烏山、西荻窪、荻窪と展開してきたロフトは、ライブハウスというもの自体がほとんどなかった当時、ティン・パン・アレー系人脈を中心にフォークやロックのメッカとなっていたが、下北沢ロフトは、時代の節目を感じ、増えてきた他のライブハウスと差別化をはかるためにオープンした店だったとオーナーの平野悠は回想している(「ロフト35年史戦記」第6回:下北沢ロフト編)。

 そのとき平野の視野に入っていたのはシティポップだったという。iphoneケース ブランド大橋が初めて出演したライブハウスが下北沢ロフトだったのは、ある意味で必然の成り行きだったわけだ。

 ライブのオープニングは「Welcome to Music Land」。iphone5 シリコンケース ブランド大橋純子&美乃家セントラル・ステイションとしては最後のアルバムとなる1980年の『Hot Life』からのナンバー。続く「Soul Trainまっしぐら」も大橋&美乃家名義の『沙浪夢 SHALOM』(1978年)収録曲だが、79年を境に美乃家セントラル・ステイションはメンバーを変えており、M1は第2期美乃家、M2は第1期美乃家ということになる。iphon

 この夜のメンバーは、第2期美乃家セントラル・ステイションを支えた、土屋潔(g)、六川昌彦(b)、後藤輝夫(sax/per)を中心に、美乃家解散後片腕となったバンマスの和田春彦(key)、やや若手の植村昌弘(ds)、コーラスに山下由紀子と佐藤ひろ子という面々で、『LIVE LIFE』もこのメンバーで録音された。スペシャルライブの曲もむろんこのニューアルバムから選ばれている。iPhone 5 ケースコピー

 個人的には植村がいるのが意外で、というのは、彼はいろいろなセッションに参加しているが、大友良英や鬼怒無月らとの共演や、大島輝之・大谷能生とのsimなど、どちらかといえばエクスペリメンタルな志向のミュージシャンというイメージがあったからだ。メンバー紹介によると、大橋純子バンドに参加してかれこれ20年になるそうだ。携帯ケース コピーへえ。

「Welcome to Music Land」「Soul Trainまっしぐら」どちらも、歌唱・演奏ともにグルーヴィで、今日いわれるシティポップとはだいぶイメージが異なる。iphone シリコンケースだが大橋は、『LIVE LIFE』にはシティポップにこだわって選んだ曲を収録したといっている。下北沢ロフトの初期を飾った金子マリ&バックスバニーなどにむしろ親しい印象だが、金子も場合によってはシティポップに括られていたりする。iPhone 5 ケースコピーこのあたり、よくわからないところだ。

 M3「クリスタル・シティー」は77年の同タイトルのアルバムからのシングルカット、M4「Smile Again」は79年のアルバム『Full House』収録曲である。iphone5 シリコンケース ブランドこのラインはシティポップといわれて無理なく納得できる。

 この2曲の間には、大ヒット曲「たそがれマイ・ラブ」(78年)があるが、もう一つの大ヒット「シルエット・ロマンス」(81年)ともどもスペシャルライブでは演奏されなかった(アルバムには収録されている)。iphone 4G カバーどちらもタイアップで、楽曲自体もレコード会社主導で作られた面が強く、大橋-美乃家の本流とは別と見なされているためか。『LIVE LIFE』は基本的にオリジナルのイメージを損なわないアレンジで新録音されているのだけれど、「たそがれマイ・ラブ」は、アレンジも歌い方も、大きく変更されている。携帯ケース コピー

 MCを挟んで、M5「眠れないダイアモンド」(88年)。4年間のブランクを経たアルバム『Def』からのシングルカットで、大橋いわく「バブリーで、きらめくようで、これぞシティポップ」、ただし「売れなかったけど(笑)」。携帯ケース コピーオリジナルは打ち込みだが、ライブはもちろん生演奏であり、この曲に限らず生演奏への回帰が、大橋にとってある時期からの課題だったと語られた。『LIVE LIFE』は5日間で録音され、すべて一発録り(Live!)だったそうだ。ケース 人気

 M6は「鍵はかえして!」(74年)。デビュー曲だしオリジナルのままにしておこうかとも思ったけれど、曲も歌い手と一緒に成長するものだからあえて現在にあわせた姿にしたと大橋が話して、演奏が始まった。ガガミラノ 時計 レディースところがここでトラブル! 電源が落ち、照明が消えてしまったのである。ステージにも動揺が走ったようで、演奏を続けるべきか戸惑って音数が減ったが、次第に持ち直してともあれ完走した。グッチ iPhone5s ケース

「いいライブのアレンジになっちゃった!(笑)」といった後、大橋は、過去に野外コンサートで完全に電源が落ちるトラブルに遭ったエピソードを披露。「やめるわけにはいかないからドラムと歌だけで続けて。ipad2 ケースでも、マイクが入らないから生歌で(笑)」とアクシデントを笑いで回収してしまったあたり、さすがの貫禄だった。

 そして「ここからバーンと行くわよ!」と、代表曲だと自負する「シンプル・ラブ」(77年)から「サファリ・ナイト」(78年)へのメドレー。iPhone4sケース激安「サファリ・ナイト」ではお客さんたちも歳を忘れて(?笑)拳を振り上げていた。続けてアップテンポで畳み掛けるように、セカンドシングルの「ペイパー・ムーン」(76年)へ。グッチ iPhone ケース大橋には珍しい、松本隆-筒美京平コンビによる楽曲で、オリジナルのイメージは残しつつ、かなり渋めにリメイクされていた。

 最後の曲は、『LIVE LIFE』中、唯一の新曲で、人前で演奏するのも初めてだという「Rainbow」。iPhone 5 ケースコピー「7人のメンバーを虹の7色に置き換え、友情や絆を表現」した曲だ。キャリアに裏打ちされた自信がなければ、ちょっと怖くて演れないんじゃないかというほどシンプルなバラードである。iPhone4sケース激安

 アンコールでは、電源トラブルで不完全に終わってしまった「鍵はかえして!」を再び。大橋がその場で独断で決めたようで、慌てて譜面を繰るメンバーたちに「だって、デビュー曲だから」。時計 レディース今度は無事に演奏が終わり、スペシャルライブは幕となった。

 ……なるはずだったのだが、拍手が止まず、2度目のアンコールへ。ipad2 ケース大橋がアンコールの定番にしているというキャロル・キング「You've got a friend」のカバーで、スペシャルライブは本当に幕を閉じた。

 最後にちょっとだけ個人的な回想をすると、1965年生まれの僕は多分に漏れず、「たそがれマイ・ラブ」をテレビのヒット番組で見て、大橋純子という歌手を知った。iPhone 5 ケースコピーそれ以前の曲も耳にしていておかしくないはずなのだが、どうも聞いた記憶がない。もんたよしのりとのデュエット「夏女ソニア」(83年)くらいまでは折々に、その姿と歌声に接する機会があったが、以後あまり音沙汰が聞こえなくなる。グッチ iPhone ケース90年代以降は活動の中心がライブに移ったからだろう。

「たそがれマイ・ラブ」「サファリ・ナイト」「シルエット・ロマンス」あたりがもっともよくテレビから聞こえてきた曲だと思うが、これらを総合しても、シティポップというイメージはなかなか出てこないのではないか。グッチ iPhone ケース70年代後半から歌謡曲とニューミュージックの融合が進んでいたこともあり、当時の印象は「異様に歌唱力のあるソウルフルなシンガーが、メロディアスな歌謡曲を歌っている」というものだった。そもそもシティポップという呼称自体、それほど一般的ではなかった記憶がある。ガガミラノ 腕時計後年ベスト盤などで代表曲は大体聞いたが、その頃の印象に引っ張られたせいもあったのだろう、シティポップかどうかなんて考えもしなかった(ジャンルを区別するために人は音楽を聞いているわけではない!)。

 そんなわけで、いただいたプレス資料に「シティ・ポップス」という文字が踊っているのを見て、若干奇異の念を抱いた。iphone case

 今回そのあたりを意識して新アルバムとスペシャルライブを聞き、ようやく大橋のいう「シティ・ポップス」の輪郭が把握できた気がしたのだが、それは要するに、70年代という混沌の時代に登場が要請された、ミクスチャー、クロスオーバー、フュージョンとしてのポップスなのだ。

 大橋はたぶん、ジャニス・ジョプリンとキャロル・キングという大きく隔たった個性を、あたかも隔たりなどないかのごとく受け留めてきた人だったのだろう。iphone 4 ケースだからこそ、現在からすると違和感のある楽曲も「シティ・ポップス」として拾い上げることになったのだろう。M1「Welcome to Music Land」からアンコールの「You've got a friend」へと至る流れは、そうした受容の歴史を雄弁に物語っているように思えた。ケース 人

栗原裕一郎
【関連記事】

 聴覚型の人の話すスピードは普通で、言葉を大事にします。メールを見ると文章がしっかりしていて、改行もきちんとしている。iphone case視線はわりと左右に動くことが多く、会話のなかに「聞く」「話す」「説明する」といった言葉が多く出てきます。

 身体感覚型の人は経験したことを自分が感じたように表現しようとするので、話し方はゆったりしています。iPhone 5sケース目線は下向きで姿勢も下向き。「触れる」「感じる」という言葉をよく使います。携帯ケース コピープレゼンするとき、視覚型の人に対しては、映像や図、イラストで説明すると理解されやすくなります。話し方もテンポを速くして、ビジュアルを交えながらポンポンと話を進めていくとよいでしょう。iphone シリコンケース

 資料を用意し、それに基づいて説明するほうがよいのが聴覚型。「実際に使用したお客様は、こんな感想を持たれています」などと、話の裏付けを示してあげると効果的です。携帯ケース コピー

 身体感覚型の人に対しては「使ってみてください」と実際に体験してもらうのが一番伝わりやすい。話すスピードもゆっくりめにして、考える時間をつくってあげることも必要です。ヴィトン 財布
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bgfdsgdsfg/index1_0.rdf