心(しん)とウズラカメムシ

September 07 [Wed], 2016, 14:44
世間では、一般的に春や秋が引っ越しのシーズンだと言われています。この季節は就職や転職、大学入学といったイベントが多いことが主な理由として挙げられます。


実際に引っ越しするとなると、手間がかかって面倒だという話を聞きますが、複雑な手続きを何度もしなくてはならないということが不満だそうです。

水道や電気、市役所への複数の必要書類などなど、二つの土地で行う必要がある手続きが重なるために、きちんとした計画を練って、手続きを終わらせなければいけません。


引越しをする場合の手続きの一つに、転出届の申請があります。ただ、これは今の住所と新しい住所が違う市長村の場合です。同一市町村の場合には、転居届になります。


申請を行うタイミングは、引っ越しの2週間前とか引っ越し先が確定したらすぐなど、市町村によっても同じではないので、前もって確認しておきましょう。引っ越し時に重要な点は、頑丈でない物を丁重に梱包するという点です。



家電製品で箱があるなら、何も問題ありません。しかし、箱を処分してしまったとしても多いと推測します。
そんな時には、引っ越し業の方に包んでもらうと問題なしです。



自営業をはじめとする、国民年金加入者が引っ越しをすると、年金手帳に記載されている住所を、新しいものに変更する手続きをすることになっております。



それも期限があり、14日以内に、引っ越し先の市町村にてなるべく早めに、手続きは終わらせてしまうのがおすすめです。国民年金手帳と印鑑があれば手続き可能です。


本人が行けないということであれば、記入漏れのない委任状が出せれば親族や配偶者が、本人の代わりに手続きできるようになります。


普通、引越しに追加で費用が掛かる事はございません。



ですが、これは、あらかじめ引っ越し業者の見積もりをしていた場合や申告した荷物の量が正しいケースです。
引っ越し業者は、作業する時間やトラックの大きさで引越し料金を出しています。


もし、大幅にオーバーしてしまう時には、追加料金が必要になってくるでしょう。どんな引越しの場合でも、ダンボールに荷物を入れていく作業は面倒に思っても、やらなくてはいけないことです。

その際にやっておいたほうが後々良いというコツは、重かったり壊れやすいというものは、小さなダンボールに、かさばるものは、大き目の箱に詰めていくということがあげられます。また、荷物を詰めたダンボールには服や本という品名だけでなく、引越し先の運ぶ部屋まで記しておくと引越しの際の荷物の運び出し、運び入れにとても助かります。


引っ越しをいたすのですが、その費用がいかほどになるか大いに不安なのです。
友人が前に、単身での転出をした時には驚愕するくらいの費用がかかっていました。その話が耳に入っていたので、私は一体、いかほどかかるものなのか、心配になっています。
まずは複数の引っ越し会社に、積もり書きをとってもらおうと思います。田舎から出ていよいよ一人で暮らし始めようとした時のことですが、新居に運び込む荷物が、少ししかなかったため、普通の宅配便(クロネコでした)を使って引っ越しを済ませることにしたのです。全部でダンボール数個分の荷物があるだけでしたから、トラック借りて運送したりするより、もっとずっとずっと安かったです。布団のように、かさのあるものは転居先で買おうと思っていました。なのでそんな引っ越しもできたのだと考えています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:イツキ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bgee2dna4tyhal/index1_0.rdf