事をご一緒して、面と向かってやってはいな

July 21 [Mon], 2014, 18:12
『アナと雪の女王』動員1000万人突破 「ポニョ」以来6年ぶり快挙
GWも『アナと雪の女王』人気が止まらない。動員1000万人、興行収入128億円突破(C)2014 Disney. All Rights Reserved.
 ディズニー映画『アナと雪の女王』が、29日までに動員1000万人、興行収入128億円を突破したことが30日、わかった。iphone5 ケース 人気動員1000万人を超えるのは、2008年公開の『崖の上のポニョ』以来、6年ぶりの快挙となる。

歌える『アナと雪の女王』大好評 コスプレ・フリ真似も登場

 3月14日から4月29日までの累計動員は、1030万4109人、興収は128億7278万5800円にのぼった。iPhone 5 ケースコピー

 公開7週目とともに迎えたGW前半は、親子連れから友達グループをはじめ、老若男女を問わず幅広い客層が来場。朝から夜まで満席の劇場が相次ぎ、当日に劇場窓口でチケットが購入できない劇場も続出し、4月26日から始まった「3D日本語吹替版」と「みんなで歌おう!歌詞付」版
まんたんウェブ 4月29日(火)18時56分配信
 製作総指揮のジョン・ラセターさんのインタビューを読み込んだという神田さんは「『雪の女王』はアンデルセンの童話を想像すると思うのですが、焦点を女性に持ってきてそれを姉妹というものに置き換えて描いたときに、ドラマチックミュージカルというだけあって、久しぶりの会話や説得するところが歌になっていたりするので、姉妹の間に起きていることだけでもドラマチックなのに、歌になることによってより心情というものが伝わってきて、松さんもおっしゃっていたように、お客様に関係性というのがより切なくよりお互いを思い合う心というのが強く伝わってくるのが全編に見え隠れしている」と分析。iphone5 シリコンケース ブラン

 続けて神田さんは「新しいと思ったのがすごく悪者という人がいなくて、“善対悪”という形ではなく“愛対おそれ”というものになっていること。愛というのはエルサとアナの両方持っていて、おそれというのはエルサの持つ力だったり、アナとエルサが生きていくのを阻む何か能力や人だったりというものを描いているそうで、絶対的に姉妹を取り巻く環境として描いていることから感情移入しやすいんだなと思います」と語った。iphone 5cケース

 ◇今回の役はきっと自分の分身になる

 共演するのが初めてだという松さんと神田さんだが、アフレコは別々に行われた。「私は神田さんが(声を)入れたあとに入れたのですごく助かりました」と松さんが笑うと、「私は誰かいるっていいなと思いました」と神田さんもしみじみとしながらも笑顔を見せる。シャネル iPhone ケース互いの声の印象を松さんは、「本当にぴったり。私がいうのもなんですけど、何の違和感もなくアナがしゃべって歌っていると思えました。ケース コピーアナは独り言とか妄想をしてずっと一人でキャッキャッいっている面白い子なのですが、とてもチャーミングに吹き込んであったので、自分もすんなりエルサになっていけたと思っています。初めて(神田さんと)お仕事をご一緒して、面と向かってやってはいないけれど、一緒に姉妹をやっている実感を生き生きと感じながらできて、すごくうれしかったです」と神田さんの声を絶賛する。ケース 人を目的とするリピーターも数多くみられたという。

 来月6日までのGW期間中にも『アルマゲドン』(1998年公開)の135億円突破し、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンの歴代興収1位になるのは確実。アイフォン5 カバーさらに、『アバター』(2009年公開)の156億円超えの可能性も高まってきている。

 同作は、アンデルセンの傑作『雪の女王』にインスピレーションを得て、運命に引き裂かれた王家の美しい姉妹を主人公に、凍った世界を救う“真実の愛”を描く物語。iphone5 ケース かわいいオリジナル・サウンドトラックの売り上げも好調で、オリジナルのイディナ・メンゼルや日本語版で松たか子、May J.が歌う劇中歌「Let It Go」が大ヒットするなど、社会現象化している。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bgdsgre/index1_0.rdf