の土地だったわけだから、対馬返還訴訟も一

November 01 [Sat], 2014, 17:53
2014年9月11日、朝鮮日報によると、ソウル・鐘閣にある憲法裁判所(以下、憲法裁)が、庁舎5階に保管してある蔵書の重さに耐えきれず、2年以内に崩壊するかもしれないと指摘する声があがった

【その他の写真】

憲法裁は1988年9月に開設、当初は「法院(裁判所)があるのに、あえて憲法裁を設ける理由があるのか」という問題が提起されるなど、その地位は低かったという93年に完成した現庁舎には5階に図書館が設けられており、蔵書数の目標・30万冊に向け毎年5000冊ほど購入してきたが、現在の蔵書数は11万2000冊と、保管が可能な蔵書数の12万2400冊に迫っているこのペースだと2年以内に保存可能数を上回ることになってしまうこれに対し、憲法裁は「まずは緊急措置として蔵書の一部を地下に移し、図書館の移転や庁舎の増築のための予算を申請し、企画財政部で審議している」と述べている

これを受け、韓国のネットユーザーは批判コメントを多数寄せている

「重さで崩壊?職務怠慢じゃなくて?」

「憲法裁が仕事をまともにしないから、天が罰を与えおのずと崩れるようにしたんだ」

「どうか崩壊しますように税金の無駄遣い」

「うれしい知らせだ現在の存続理由が自由民主主義・大韓民国のためではないのなら、一日も早く崩壊すべきだ憲法裁には何度失望させられたことか」

「憲法裁はすることもないのに、なぜ意味もないことをするんだ?廃止して、その予算を国防費にあてるべきだ」

「憲法裁は裁判を怠けてもよいのか?統合進歩党に対する政党解散審判(2014年1月〜)はダラダラ長引いているし、その間に流出する国庫は誰が補償してくれるの?」2014年9月10日、韓国・ハンギョレ新聞によると、2012年10月に韓国の窃盗犯が対馬の神社・寺院から盗み出し、韓国内で押収された高麗・新羅時代の仏像2点について、最初に日本へ持ち出された経緯などを明らかにするための政府レベルの調査委員会が、早ければ10月中に設けられるという

【その他の写真】

2体は、高麗時代(918〜1392年)の浮石寺の金銅観音菩薩座像(※観音寺の長崎県指定有形文化財)と統一新羅時代(356〜935年)の銅造如来立像(※対馬海神神社の日本国指定重要文化財)韓国と日本の間で返還の議論が行われた文化遺産について、政府レベルの調査委員会が設けられるのは、1965年の日韓協定の文化財返還交渉、2010〜11年の日本宮内庁所蔵の朝鮮王室儀軌の古文書の引き渡し交渉に続いて3度目となる

このような現状に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている以下はその一部

「窃盗犯じゃなくて、英雄だよ」
「韓国のルパンだな」
「返したら、バカだよ」

「金に目が眩んで(当時)仏像を日本に売ったやつは極刑だな売国奴だ」
「この文化財だけでなく、日本のやつらが占領時代に奪っていった文化財数を全部調査して文化財返還訴訟を起こしてくれ」

「また日本に持って行かれることがないように祈ってる」
「対馬はもともと韓国の土地だったわけだから、対馬返還訴訟も一緒にしよう」

「調査って、どんな調査?壬辰の乱や日本統治時代に持っていったんだから、明らかにするのは難しいだろう」
「日本は戦乱の中で盗んだこのペースだと2年以内に保存可能数を上回ることになってしまうiPhone4sケース激安このペースだと2年以内に保存可能数を上回ることになってしまうiphone ケース ブランドこのペースだと2年以内に保存可能数を上回ることになってしまうiphone シリコンケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bgdfgv/index1_0.rdf