アに対してはウクライナ情勢に関し緊張緩和

July 26 [Sat], 2014, 18:30
中南米
ヨーロッパ
中東・アフリカ
<マレーシア機撃墜>「露側地域から発射」米大統領が声明
毎日新聞 7月19日(土)1時17分配信
<マレーシア機撃墜>「露側地域から発射」米大統領が声明
ウクライナ情勢に関する緊急声明を発表した米大統領=ホワイトハウスで2014年7月18日、AP
 【ワシントン和田浩明】オバマ米大統領は18日、ホワイトハウスでウクライナ情勢に関する緊急声明を中南米
ヨーロッパ
中東・アフリカ
ウクライナ東部の旅客機墜落、露国防省「ウクライナが地対空ミサイルを現場に配備していた」―中国報道
XINHUA.JP 7月18日(金)13時8分配信
ウクライナ東部の旅客機墜落、露国防省「ウクライナが地対空ミサイルを現場に配備していた」―中国報道
ロシアメディアのロシア・トゥデイ(RT)は、17日にウクライナ東部のロシア国境付近で発生したマレーシア航空旅客機墜落事故について、「ウクライナ政府が27台の発射台を含むBUK(プーク)地対空ミサイル群を事故現場地域に配備していた」とロシア国防省がコメントしたことを報じた中国メディア・鳳凰網が18日伝えた

また、別のBUK地対空ミサイルシステムがハルキウから事故現場のドネツィク地域へ輸送されているとの情報もある

BUK(9K37)地対空ミサイルは1980年代中期に就役BUKはロシア語で「ブナの木」を意味するミサイルの全長は5.55メートル、直径400ミリメートル、重量690トン、飛行高度は15―14020メートルで、最大有効射程距離は25キロメートルセミアクティブ・レーダー・ホーミング(SARH)方式を採用し、同時に6つの目標を攻撃可能

現在の主力はBUK−M1−2NATOではSA−17「グリズリー」、中国では「施基利」と呼ばれている有効射程距離が45キロメートル、有効射程高度が2万5000メートルに改良されたほか、より多数の目標を攻撃可能となった
地域から発射された地対空ミサイルにより墜落した」と明言したその上で、公平な国際調査の実施を呼びかけ、証拠保全や調査団、遺族らの現地受け入れを求めたロシアに対してはウクライナ情勢に関し緊張緩和措置を取っていないと批判、停戦実現に向け武装勢力に影響力を行使するよう強く要求した

【墜落現場の写真特集】

 オバマ大統領は墜落で米国人1人が死亡したことも明らかにした

BUK(9K37)地対空ミサイルは1980年代中期に就役gaga 時計

BUK(9K37)地対空ミサイルは1980年代中期に就役シャネルiphoneケース

BUK(9K37)地対空ミサイルは1980年代中期に就役アイフォン5 カバー
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bgbdsrf/index1_0.rdf