ここに気づけば合格、??

October 06 [Sat], 2012, 2:30
"そこで、時間を置いて、訓練ステップを復習すると(全ステップを忠実に実行する必要はない。時間のない人は省略して下さって構わない)能力が蘇ってくる。
この復習はある程度の間隔を置かないと、繰り返し注意している眼筋のオーバーワークになる。
朝やったら次は夕方、あるいは毎日一回、というようにする。
一日置きでも、やらないよりは良い。
そして、復習を積み重ねることによって、最初は一時間で能力が退化してしまったのが、一時間半、二時間、半日、というように、退化スピードが鈍化してくる。
そうしたら本物で、速読法の修得と動体視力の向上とが、共に完全に達成できたことになる。

右脳を使うと視力アップに絶大な効果がでるA
読み取った文章の意味を把握するのは最終的には左脳であるから、左脳を休ませることにはならないが、少なくとも脳細胞の使用状態に局部的な偏りがなくなり、一部の脳細胞だけが疲労して働かなくなる、ということが起きにくくなる。
それから、速読法を使って勉強や読書、事務処理をするようになると、あまり強い意識を働かせず、意識と無意識との境界線上ですべてが行えるようになる。
必要以上の強い意識が、本質的にはストレスの正体であるから、ストレスによる血管の収縮、血行不良、それに伴う疲労物質の過剰蓄積が起こらない。
現代はストレス時代で、現実には視力低下例の大多数にストレスが関与していると考えられるから、こういう視力低下には、速読法がまさに威力を発揮する。
コンピュータ技師の喜納英晶さん、津田浩二さんの視力回復の体験などは、まさにその典型と言える。" 視力センターの料金をきちんと知る
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bftyuh
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bftyuh/index1_0.rdf