ED(勃起不全)とストレス

August 12 [Fri], 2011, 16:27
ED(勃起不全)はストレスと体の異常が、単独あるいは同時に深く影響しあった結果、引き起こされる病気です。
EDとストレスの関係は、若年での発症が懸念されており、注目度が高くなっています。
この場合も含め、心因的要素を原因としていることが多くみられます。
ストレスは交感神経を優位に立たせ、血管を収縮するので、陰茎海綿体の血流が確保できなくなります。
勃起不全に至るストレスで一番多いケースが、性的行為の失敗などがトラウマになっているケースです。
性格がまじめで几帳面、仕事もバリバリこなす“できる男”、と見られている場合が多い傾向にあります。
EDに至るストレスには“早く子供を作らなくては”や“自分がリードしなくては”といった、焦燥感からくるプレッシャーの例があげられています。
勃起不全が弱年齢化している背景には、情報化社会の弊害が見受けられ、“健全な性知識の欠如”や“マスターベーションへの誤った知識”などがあげられています。また幼児期からの育った環境からくるトラウマなどもあげられています。
「EDは治せる病気です」と数年前に厚生省からの呼びかけにより、認知度も高くなっており、医療機関で気軽に相談できるようになっています。
ああ勃起不全。と愚息と一緒にうつむく前に、パートナーに打ち明けただけで完治する例もあるほど、気分次第な面があることを忘れないで欲しいものです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bfpzwp8n
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bfpzwp8n/index1_0.rdf