ル醸造所「丹波篠山ジグザグブルワリー」がある新聞販売店を経営す

August 11 [Mon], 2014, 19:01
ミシュランは8月7日、2014年上半期(1-6月)の決算を公表した

同社の発表によると、上半期の売上高は96億7300万ユーロ(約1兆3185億円)前年同期の101億5900万ユーロに対して、4.8%の減収となった

また、上半期の純利益は、6億2400万ユーロ(約850億円)前年同期の5億0700万ユーロから、23%の大幅な増益となっている

大幅な増益となった要因のひとつが、乗用車・ライトトラックおよびトラック用タイヤへの世界的な需要が好調なこと中国での事業も、引き続き好調だった

「上半期を通して続いた競争の激しい環境の中で、ミシュランは業績のさらなる改善を図る目標を達成し、連結の範囲や為替レートが変わらない中で、増益を果たした」と述べるのは、ミシュランのジャン=ドミニク・スナールCEO

さらに同CEOは、「自動車メーカーから賞賛を受けている継続的なイノベーションの流れや、責任ある意欲的な工業戦略によって、ミシュランのブランドはモビリティの最先鋭としての世界的な地位を維持し
朝日新聞デジタル 8月8日(金)16時39分配信
個性派地ビール、群雄割拠 原料に黒豆やメロンも
醸造した地ビール「ベルジャンストロング」をグラスに注ぐ「丹波篠山ジグザグブルワリー」の山取直樹さん
 地ビールの製造が国内で解禁されて、今年で20年大手との競争にさらされる各地の醸造所は、ほろ苦い経験を味わった時期もあったしかし最近は、初期投資のコストが下がったことで小規模業者が相次いで参入し、地元の特産品やフルーツを原料にしたビールも登場個性的な味わいが支持され、日本のビール文化に彩りを添えている

【写真】


 兵庫県篠山市の中心部から車で20分ほど田んぼの合間を抜けた先に地ビール醸造所「丹波篠山ジグザグブルワリー」がある新聞販売店を経営する山取直樹さん(52)が2012年8月、店と同じ建物内の10畳ほどのスペースに熟成タンクや冷蔵庫を設置夢だった地ビール作りを始めた

 年間の製造可能量はわずか15キロリットル小回りがきく強みを生かし、地元の黒豆を使った「黒マメデュンケル」、1年半熟成させた「ベルジャンストロング」など、これまでに個性的な40種類を生み出した

朝日新聞社
【関連記事】
(くらしの扉)ビールをおいしく 決め手は温度と注ぎ方(7/14)
富山)全国の地ビール楽しもう 富山でフェスタ(7/6)ている」とコメントした

また、上半期の純利益は、6億2400万ユーロ(約850億円)アイフォン5 カバー

また、上半期の純利益は、6億2400万ユーロ(約850億円)iphone シリコンケース

また、上半期の純利益は、6億2400万ユーロ(約850億円)アイフォン5 カバー
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bfhgfg
読者になる
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bfhgfg/index1_0.rdf