Abercrombie&Fitch(アバクロ)のTシャツ

August 15 [Mon], 2011, 9:57
Abercrombie&Fitch(アバクロ)のTシャツは、意図的かどうかわかりませんが、がさがさの糸を使って編んであります。

アバクロは透けはしないんですが、ものによっては、何十回も着るとヨレヨレになってしまうものもありますし、洗濯を頻繁にするとすぐ首元が伸びてしまったりします。

これは、アバクロのどの商品も共通する傾向にありますね。生地はペラペラで、縫製も日本で売られている商品ほど確かなものがない気がします。

基本的にアメリカのメーカーの服って、生地にしても何にしても作りが荒い。穴、ステッチ切れなんか当たり前で売っています。特にアバクロのように西海岸発祥のメーカーはその気候からか生地がペラペラのものが多いんだそうです。

日本の品質で見ると、アメリカのものはちょっと心配になったりもしますね。まあ、アバクロって品質を求めるブランドではありませんから仕方ないと個人的には思いますね。これらの荒い感じが、逆にラフな印象を与えるから、いいんじゃないかと。

メンズは全部綿100%だと思いますし、レディスはポリエステル混が多いと思います。ポリエステル混は洗濯してもシワになりにくくいいんですけど、綿が好きなのでチェックしてから買いますね。でもデザインが気に入った時はポリエステル混でも買いますけど。

もしアバクロのサイトから買うなら、品質情報が出てますから、ちゃんとチェックするといいですよ。といっても、たいていデザインが優先するから、結果的にカンケイないかもしれませんが。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:上条
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bfhfer/index1_0.rdf