食物アレルギーの原因を知る 

November 17 [Mon], 2008, 1:39
最近は大人から子供まで幅広く食物アレルギーになる人が増えていますね〜子供の幼児期で起こすアレルギーの代表といえばアトピー性皮膚炎や喘息などがありますが、最近もっとも多いのが食物アレルギーみたいです。反応してしまう食物といえば昔から言われている卵や乳製品、小麦などやそばや落花生、魚介類、大豆、野菜類、果物など今なお、反応してしまう食品が増えているみたいです。食物アレルギーの原因は食物中に含まれる原因物質のアレルゲンが血液中などに流れて、体中でアレルギー反応をおこします。食物アレルギーの反応は軽いものだと皮膚などのかゆみで症状が悪化してしまうとアナフィラキシーはショック状態を起こしてしまうのでとても危険です。まず食物アレルギーのある子供のははじめて与える食べ物に注意するのはもちろんですが、その後の子供の様子を観察することが大切だと思います。
風邪予防 乳腺症