CHANEL 手帳 アイフォン6プラスカバーケース 高品質</p>

April 02 [Thu], 2015, 11:05

 【商品名】:CHANEL 手帳 アイフォン6プラスカバーケース 高品質


 

【対応機種】:iphone6(4.7センチ)、iphone6 plus(5.5センチ)、iphone5/5S

【ご注意】:

※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。

※携帯本体は付属いたしません。

※サードパーティ製品

※只今は送料無料?

 シャネルiphone6カバー


 シャネルiphone6カバー


 シャネルiphone6カバー


 シャネルiphone6カバー


 シャネルiphone6カバー


 シャネルiphone6カバー


 シャネルiphone6カバー


http://hoadiphone.com
グルメサイトといえば、おそらく多くの人が思い浮かべるのが「ぐるなび」、そして「食べログ」ではないだろうか。

【グラフ:月間ユニークユーザー数の推移】
手帳型 iphone5ケース。。
 最近、筆者が最も注目しているグルメサイト(アプリ)が「Retty」だ。グルメアプリの第一世代をぐるなび、第二世代を食べログやYelpとするならば、「グルメサイト第三世代」と呼んでいい人気サービスである。

 外食の記録を写真と文章で投稿する食べ歩きユーザーが多く、ユーザー間でSNS的につながりができ、彼らが投稿した情報を閲覧するユーザーが集まる……という構造のRettyは爆発的にユーザー数を増やし、今や日本最大級の実名制グルメサービスに成長した。2011年にサービススタートし、2015年3月にはユーザー数700万人を突破。急成長したRettyの強さはどこにあるのか? ユーザーが急増した理由は? Retty株式会社の代表取締役、武田和也氏のインタビューをお送りする。(聞き手:吉岡綾乃)

●実名で投稿する理由は「信頼できる人からお店を探すサービス」だから

――まず最初に、Rettyを知らない人のためにサービスの特徴を説明してください。Rettyにはお店についての口コミ情報を投稿する人がいて、それを自由に見ることができる。投稿には専用アプリを使いますが、情報そのものはWebでも見られます。いわゆる口コミグルメサイトという意味では「食べログ」と似ていますが、Rettyの他サービスとの違いはどこでしょうか。

武田: Rettyの基本コンセプトは「信頼できる人からお店を探すサービス」です。どこの会社でもいますよね、グルメというか、おいしいお店にすごく詳しくて、「今度○○な集まりがあるんだけど、いいお店があったら教えてくれない?」と相談されるような人。Rettyはああいう人に相談するのと同じようなことを、ネット上でできるようにするサービスなんです。

――投稿する人は、ハンドル名ではなく、実名で投稿するという点も初期から強調されてますよね。Facebook的というか。実際にFacebookと連携して使っている方も多いです。実名にこだわる理由はどこなのでしょうか。
新品グッチiphone6 ケース。。
武田: 書いている人が実名だということによって、書いてある内容に責任感や信ぴょう性が担保されます。だって、自分の本名が出ていて、Facebookにもつながっているとしたら、適当なことは書けないですよね。安易な悪口とか。また「この人は趣味があうな、信頼できるな」という人を探すという点でも、実名制というのは非常にいいんです。

――アプリの開発?改善にも非常に力を入れていますよね。Android版、iPhone版ともに頻繁にリニューアル、機能追加がされている印象です。スマホに力を入れているという面はありますか。

武田: サービス開始当初から、PCからスマホへのパラダイムシフトが起こると思って賭けていました。

●ユーザーは30〜40代が中心、スマホからのアクセスが8〜9割

――今、規模はどれくらいですか?

武田: 先日、ユーザー数700万人を突破しました。2011年6月にリリースしたので4年弱ですね。現在投稿されている口コミは150万件くらい、掲載されている店舗は国内で60万店くらいです。ユーザーは30〜40代で年収が高め、外食が好き……という方が多いですね。平均世帯年収が700万円以上の方が全体の3分の1以上いらっしゃいます。スマホからのアクセスが8〜9割、残りがPCで見ている人ですね。

――身の回りを見ていて、最近急にユーザーが増えたなという印象なんです。実際にはいかがですか?

武田: 実は1年半前までは80万人だったんですよ。そういう意味では確かに最近急増しています。

――1年半でユーザー数が9倍! ものすごい伸びですよね。何が効いたのですか? あるいは大きな方針変更があったとか。

武田: 最初の2年は「口コミが投稿しやすいように」ばかりで、お店を探す機能が少なかったんですね。投稿する人のためのサービスになっていました。そこで、「(Rettyを)見る人」「お店を探すサイト」へ方向転換を図ったんです。
ディオール携帯ケース。。
●ユーザー数急増に効いたのは「まとめ」

――なるほど。具体的にはどのようなことをしたのでしょう。

武田: 「まとめ」ニーズって非常に強いんです。「デートで使えるお店○選」とか、「エリア別ジャンル別○選」みたいなまとめページは非常によく見られる。

――エリア別ジャンル別というと、たとえば「新宿でカレーがおいしい店10選」みたいな感じですね。

武田: そうです。キュレーションコンテンツというんですかね。簡単にお店を探したいというニーズは非常に強いので、こういったニーズに沿って簡単にお店を探せる、「探すのが大変!」という悩みを解決できるページは非常によく読まれるんですね。
プラダ iPhone6ケース 。。
 それで、Rettyでもまとめページを作り始めたんです。本格的にやり始めたのは2013年の10月からですから、まだ半年ちょっとしか経っていないですが、これが効きました。お店を探している人たちを引きつけるために、「築地、寿司」「新宿、カフェ」「渋谷、ラーメン」「六本木、デート」みたいなまとめページを数百個作りました。

――ああ、分かります。Rettyのまとめページは非常にSEOが効いていて、検索するとかなり上位に来ますよね。

武田: そうなんです。まとめページでRettyを知ったという方は多いはずです。まとめページは本当によく読まれて……たとえば「新宿にあるハイセンスなおしゃれカフェ人気20選」などのページは、1カ月で数十万PV行きます。

――まとめページはすべて社内で作っているんですか?

武田: 社内でも作っていますが、一部は外部の人に依頼してまとめてもらっています。もともと、まとめページを作るきっかけとなったのが、Rettyで2012年4月に行った「まとめ王選手権」という企画なんです。これが非常に好評で、「またやってほしい」「まとめたい」という声が多かったので強化して……それが先ほど話した、まとめページ(の量産)という方針につながったんです。

――まとめをつくるコツはなんですか?

武田: 先ほどの「地名、ジャンル」もそうですが、それに加えて「利用シーン」を意識してまとめたページが人気がありますね。たとえば、「元商社マンが教える六本木のデートで使えるお店15選」。これは実際に元商社マンにまとめを頼んだものなんですが、非常によく読まれています。

●Rettyのおすすめの使い方

?――私自身がRettyを一番使うのって、外出先、それもあまり詳しくないところにいるときに「この近くに何かおいしいお店ないかな」というときなんです。まずはスマホでRettyを起動して、現在地から近いおすすめの店を探し、いくつか口コミを見てよさそうなところへ行ってみる……という使い方。Rettyは口コミしている人が本当にグルメというか、おいしいもの好きなんだろうなあという人が多くて、Rettyで探したお店はたいてい外さないのがすごい。

 「現在地を入力して近所のお店を検索」という点に限れば、似たことができるアプリはほかにもあるのですが、近くにあるお店で良さそうなところに目星を付けて、おすすめポイントはどんなところで……といった、そのときユーザーが知りたい情報をRettyは探しやすいと思います。行くお店が決まったら、どこにあるのか地図を表示するわけですが、このあたりも使いやすい。無駄なステップがなくて、短時間で使えるところがすごくいいなと思っているんです。私は大抵こうやって使っているのですが、武田さんがおすすめするRettyの使い方があれば教えていただけますか??

武田: 最近、アプリの最新版をリリースしたので、それに沿って説明しますね。Rettyは「信頼できる人のおすすめからからお店を探す」ということを大切にしていて、それを体験しやすくなるようにしています。

――例えば、スマホで「渋谷 イタリアン」のように検索する人は多いと思いますが、Rettyで同じような検索をするとどうなりますか?

武田: 渋谷 イタリアンで検索したら、結果はかなり多くなりますよね。その結果をどう見せるか。Rettyでは、自分のつながっている人、例えばFacebookの友だちとか、Retty上でフォローしている人とか、そういうつながりの強さを見ています。「自分は誰を信頼しているのか」というロジックで、信頼している人、つまりつながりが強い人からの情報を重視して、上に出すようにしています。

――つながりの強さは、どうやって見ているのですか?

武田: 今はRetty内の行動が中心ですね。「いいね」や「行きたい」をよく付けているとか、コメントを書いたとか。将来的にはFacebook上の行動も反映していきたいです。Facebook上でよくいいねやコメントを付けている人はつながりが強い人、ということですね。

――ほかに最新版のポイントはどこですか?

武田: スマホ時代のお店探しに求められていることとは? を考えて作っています。まずアプリを起動すると、簡単に条件入力ができます。駅?エリアやジャンルをボタンで選べるようにしています。

――本当だ、「渋谷 イタリアン」くらいならボタンをタッチするだけで入れられます。

武田: 結果は左右のタブで表示されています。まず表示されるのはつながりのある人、そしておすすめユーザーが紹介している情報。これでは足りない、とか、もっとほかの情報がいい、という場合は右側のタブを押すとその条件での「人気○○選」が出てきます。

――なるほど、「渋谷で人気のイタリアン20選」というわけですね。確かにスマホで検索すると、こういうタイトルのまとめページが上に出てくるし、View数を見るとものすごく見られている。それだけ検索されるし、ニーズがある情報だということですね。

武田: Rettyでは、そういう“検索で情報を探す”という体験を凝縮して、もっと簡単なステップでできるようにしているんです。さらに、Rettyを使い込めば使い込むほど、信頼する人からの情報が増えるので、自分にとって良い情報が表示されるようになってきます。

――信頼する人からの情報……つまり、「おいしいお店に詳しいあの人に聞いてみよう」が、リアルにグルメな知り合いがいなくても、ネット上でできるようになるということですね。

武田: はい。誰に聞くか? という部分を強化しようということで、Rettyでは「その人がどんな人か」、プロフィールに書いてもらった自分の情報が他のユーザーからも分かりやすく見えるようにしています。何歳で、どんな仕事で、どんなエリアに強くて……といったように。

――なぜプロフィールを重視するんですか?

武田: 例えば男性のビジネスマンなら会食が多かったり、女性にはデートのお勧めを聞いたり……といったイメージですね。Rettyは、ユーザーの好みに応じてお店を探せるサービスを目指しているんです。ある人にとってすごくいいお店が、他のある人にとっては全然良くなかったりする。人によって好みのお店って違いますから。

――それは例えば、食べログの「点数」とは違うアプローチということなのでしょうか?

武田: 食べログは、点数やランキングといった情報からお店を探すサービスですよね。それに対してRettyは「個別に最適化された情報を提供できること」を目指しています。

――個別に最適化された情報とは、例えば?

武田: そのためにあるのが「おすすめユーザー」です。自分と同じお店に行っている人や、その道のプロの人をおすすめして、フォローできるようにしています。そういう人たちの情報なら、「自分も行ってみたい」と思うお店が増えていきますから。

●ビジネスマンの「会食」情報ニーズに応えたい

――武田さんは、会食……いわゆる「接待」に使えるお店選びは、ビジネスパーソンにとって強いニーズがあるはず、というのが持論ですよね。

武田: はい。会食ニーズは、Rettyでも強化していきたいところなんです。困ってる人、いっぱいいますよね。会社で大事なお客さんと一緒に食事をすることになったけど、どこのお店にすればいいのか……って、店探しで半日つぶしちゃうような人も少なくないですよ。結局、社内で詳しい人やグルメな知り合いに聞いてなんとかする。そういう時に、Rettyを使ってほしいなと思っています。

――武田さん自身も、実際に会食に使うお店選びで困っていたのですか?

武田: はい。前の会社にいたとき、そういうお店を探すときは、自分で(グルメサイトなどで)情報を探すよりも人に聞いていました。目的が決まっているときは、詳しい人に聞いた方が確実なんです。これをネットでできないだろうか、もっと多くの人が同じことを簡単にできるようになるサービスを作れないか? と考えていました。

――武田さんご自身も、会食に使うお店を聞かれることがありませんか。どんなところを気をつけてお店を選んでいます?

武田: まず、相手がどういう人か、ですよね。年齢とか、普段どんなお店に行っている人なのか、そういうのを考えた上で「ここなら喜んでもらえそう」というところをチョイスします。あとは、相手があえて行かなそうなところや、最近できたばかりのお店を、サプライズ的に選ぶことも。

――ああ……そうやって選んでもらったら、すごくうれしいですよね、相手の方も。会食のお店選びのときに考慮する、もっと細かい条件ってありますか?

武田: 夜の場合は「個室がある」「おいしい」「一人7000〜8000円くらい」という感じでしょうか。ランチだと、まず予約ができること、あとは相手に合わせて提案します。予算は1000〜2000円くらいですね。あまり高すぎても……と思っています。
iPhone6 エルメス。。
●周囲のお店を食べ尽くすと、会社が引っ越す

――それだけユーザー数が急増したRettyですが……私自身が使っていて感じるのは「お店を探す」という目的に対して、非常に導線がシンプルなことなんです。最低限の操作でお店を探せる。ちょこちょこアップデートもかかってますが、そのたびに使いやすくなっていっていますよね。開発してる人自身が、ちゃんとサービスを使っていて、自分も使いやすいように改善してるんだろうなあということなんです。

武田: そう言ってもらえるとうれしいです。自分達自身が(提供する)サービスのヘビーユーザーであることが大事だと思っているので、自分でも常に新しいおいしいお店の情報を探していますし、店を探すときにはRettyを使います。Rettyの社員とインターンは全員、(お店情報を)登録して使っていますね。

――そうなんですか! Rettyの社員さんの名刺を見ると、みんな「○○担当」って得意なジャンルが書いてあるのが面白いですよね。「うどん担当」とか「ラーメン担当」とか。武田さんは焼肉が担当だそうで……。あと、会社の引っ越しを頻繁にするのにも理由があるんですよね。

武田: サービスを開始して3年で5回引っ越しをしています。赤坂→新宿→六本木→築地と来て、今日来ていただいてる今のオフィスは、恵比寿と広尾の中間くらいのところです。オフィスの周りのお店を食べ尽くすと引っ越します。だいたい半年に1回のペースですね。

――食べ尽くす……(笑)。

武田: 自分たちがサービスを使って、お店を探して食べないといけませんから。オフィスには自転車を置いて、どこでも(食べに)行けるようにしています。

――なるほど。会社のほうでも、社員やインターンの人たちに「Rettyのヘビーユーザーとして食べ歩く」ことを求めているんですね。

武田: はい。社員全員、「好きなお店に月2回まで経費で行っていい」というルールにしています。自分の分だけですけどね。領収書を切ってくれば調査費として経費にします、ということをしています。

●食を通じて世界中の人をHappyに

――ここからはこれからのRettyについて聞かせてください。ユーザー数が急激に増えてくると、コミュニティの中でトラブルが起きる心配もありますが、Rettyは今のところどうですか?

武田: プライバシーの問題は対策しないといけないだろうとは思っています。ブロック機能などの実装ですよね。でも今のところ、トラブルはほとんどないですね。コンセプトが「自分が好きなお店を投稿する」なのでお店と(ユーザーが)トラブルを起こすことがまずない。ネットの口コミを非常に怖がっている飲食店の方は多いんですが、そこも変えていきたいと思っています。

――確かにRettyは基本コンセプトが「この人のおすすめから探す」なので、ネガティブコメントを見かけることがあまりなくて、使っていて嫌な思いをすることがないですね。

武田: ええ、ユーザーさんどうしがいつの間にか仲良くなって食事会をやっていたりしますね。

――ユーザーが急増するともう一つ、紹介されるお店に「普通のお店」やチェーン店が増えてきて、いいお店を探しにくくなる……という懸念がありませんか。

武田: まあ、いろんな人がいて、人によって「普通」は違いますからね。グルメな人ばかりじゃないから、逆に値段重視でチェーン店が好きっていう人もいるでしょう。あくまでも「自分に合った店」が探せる、その探し方を作れれば問題ないはずです。

 とはいえ、ユーザー数は増やしていきたいが、クオリティは担保していきたい。それはあります。口コミを書く人のクオリティを落としたくない、というのは意識しています。

――マネタイズはどうですか? 一部広告は貼ってありますが、まだ大々的には広告収入を増やしていないように見えます。ベンチャーキャピタルから出資を受けていますよね。

武田: そうですね、お店とか企業向けの広告はまだ始めたばかりです。これまでの口コミサイトは、ユーザーに寄り添うがためにお店と対立しやすかった。ここを解消して、「好きと好きをつなげる」を今後目指していきたいと考えています。

――ユーザーの好きと、飲食店の好きをつなげる、ということですか?

武田: はい。自分が行きたいと思っているお店からオファーが来る、という形ですね。行きたいお店から「今度来てくれたら○○をサービス」とか。

 あとはお店の詳細情報ページなどからサイト連携をしています。hotpepperや一休などに「Rettyから送客したらいくら」という形ですね。

――海外から日本にやってくる人、あるいは海外に行った日本人がスマートフォンを使ってグルメ情報を探すことも増えていると思います。海外展開についてはどうですか?

武田: 海外展開も考えています。英語で日本の情報を発信するというよりは、まず海外の情報も登録?閲覧できるようにするところから。始めは英語圏とアジアですね。香港とかシンガポールとか。
手帳型 iphone5ケース。。
 Rettyの行動規範の一つが「食を通じて世界中の人々をHappyに」なんです。行動規範はときどき変わりますが、これは最初から変わらぬ行動規範です。

――食を通じて世界中の人々をHappyに! すごくいいスローガンだと思います。私もユーザーの一人として、応援しています。

[吉岡綾乃,ITmedia]
【関連記事】

グルメサイトで“おいしい店”、見つけたことがありますか  地域のグルメ?ショッピング?観光地などのスポット情報の閲覧機能と、特典が付くクーポン機能やスタンプ機能を備える地元特化型アプリ「あとろこ横浜」に、地域イベント情報とFacebook連携の新機能が追加された。(ヨコハマ経済新聞)

 お気に入りの店舗を登録できるマイページや、加盟店にチェックインするとスタンプが貯まる機能があり、スタンプを貯めて応募できるプレゼントキャンペーンが開催されている。また、GPS(全地球測位システム)や参加店舗に設置されているビーコンから、近くの店の特典やクーポン情報を受け取ることができる機能も搭載している。

 今回追加された地域イベント情報は、横浜市内で開催されるさまざまなイベント情報が掲載され、地域?ジャンル?、日付で絞り込み検索ができる。掲載情報は、横浜市芸術文化振興財団が運営する横浜の芸術文化情報のオープンデータ「ヨコハマ?アート?LOD」と、横浜観光コンベンションビューローの運営する横浜市観光情報などから提供されている。

 マガジンコンテンツ「Hot Pickup」には、「春の横浜 桜のきれいなお花見スポット」して、根岸森林公園、三ツ池公園、三渓園などのお花見スポットが紹介されている。
ルイヴィトンiPhone6ケース。。
 運営するのは、広告業の旭広告社(横浜市中区常盤町2)とIT企業のピー?アール?オー(中区山下町123)。各社それぞれのノウハウを活かし、地元横浜に特化したアプリサービスを開発し、2014年11月にサービスを開始した。
iPhone6ケースグッチ。。
 旭広告社「あところ横浜プロジェクトチーム」の太田浩彦さんは「あとろこ横浜のユーザー数が1万人を突破した。今後もコンテンツの充実を図るとともに、アプリの魅力を広く伝えていきたい。あとろこ横浜は、横浜に暮らす人や横浜を旅する多くのユーザーに楽しんでもらえるアプリを目指している」と話している。

 Androidアプリ、Iphoneアプリ共にダウンロードは無料。店舗情報掲載やクーポン配信ができる参加店舗の募集もしている。

みんなの経済新聞ネットワーク
iphone6ケース手帳型 人気。。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bfgsegfed
読者になる
2015年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bfgsegfed/index1_0.rdf