者更生相談所、知的障害者更生相談所の

November 01 [Sat], 2014, 19:15
リーグに出場するフィオレンティーリーグにリーグに出場するフィオレンティーナ、インテ出場するフィオレンティーナ、インテナ、インテ容疑者である少女が専門家や専門機関につながっていれば、事件は防げていたかもしれないと思っていましたしかし実際は、スクールカウンセラーも精神科医も児童相談所も、彼女に関わっていたのですそれでも、事件は防げませんでした

関わりはしましたが、関わりきれなかったのかもしれません私は特定の機関や個人を責める気はありませんが、しかしそれでも、何かが違っていたら、事件の結果も大きく変わっていたかもしれません

■スクールカウンセラーも関わっていたのに
少女は、小学校6年生のときに給食異物混入事件を起こしています学校は教育委員会に報告し、教育委員会からスクールカウンセラーが派遣され、約1ヶ月に渡りカウンセリングが行われましたその中で、少女とは2回面談を行ったと報道されています保護者との面談も行われています

それ以外の日程は、被害者や他の動揺している子どもとの面談が行われたようです

2回の面談では、少女の心の奥に触れることはできなかったのでしょうか

詳しい事情はわかりません2回で終えたのは、スクールカウンセラーの判断か、学校や教育委員会の判断か、あるいは少女Aか両親の意向なのか、わかりません

この事件では、少女は2人の児童に対して計5回にわたり、給食の皿にスポイドで漂白剤を入れています

友人間のトラブルでケンカになることは良くあることですしかしこの事件の異常さや奇妙さを、関係者は感じ取ったのでしょう

校長は少女の両親に、学校でも注意深く見守ることを伝えた上で「家庭でも少女の話をしっかりと聞くように」と要請翌23年3月の卒業まで、冬休みや土日祝日を除いて毎日、両親に電話し、少女の様子を聞き取ったというこの問題は少女の進学先の中学校にも引き継がれ、中学校や高校でも担任の教諭らが見守りを続けていた

出典:「給食に漂白剤」遠因か 小学6年時に5回 動機につながる…県警も注目:産経ニュース 2014.7.29
ここまで学校が努力していると、もっと何かをするべきだったとは言いにくいと感じるほどです

スクールカウンセラーは、「心の専門家」ですが、専門家だからといって心のすべての面に詳しい訳ではありません不慣れな方だと、病院臨床は得意でも学校臨床の経験が浅い人もいるでしょう(このときは、おそらくベテランが派遣されたかと思いますが)

また不登校などには詳しくても、非行臨床には詳しくない人もいるでしょうましてや、今回のような異常犯罪に詳しい人は少ないでしょう

また、今回は1ヶ月だけで終了していますスクールカウンセラーは、全国の中学校を中心に配置されていますが、小学校にはまだあまり配置されていません

単なる結果論、理想論かもしれませんが、少年犯罪、少年による異常犯罪にも詳しいスクールカウンセラーが、週一日勤務でもしっかり教職員の一人として先生方と共にこの件に関わり続けていれば、あるいは何かができていたかもしれません

高校入学後は、ほとんど登校していません報道によると、担任やスクールカウンセラーが定期的に一人暮らしの少女を訪問していますが、「不登校生徒への訪問ケア」だったのでしょうか父親殴打事件や精神科医の意見など、さまざまな情報が十分に共有できていれば、「事件を起こす可能性がある生徒への訪問ケア」として、何かができていたでしょうか

■精神科医も関わったのに
詳しいことはわかりませんが、再婚した両親が少女を受診させたようですこの精神科の医師は、給食事件も動物虐待解剖行為も、父への金属バット殴打も、把握しています

精神科の医師も、もちろん専門家ですが、何でもできるわけではありません多くの精神科医は、たとえば典型的な大人の統合失調症やうつ病などであれば、精神科の医師として適切な投薬による治療や入院治療などができるでしょう

しかし、さまざまな反社会的行動や非社会行動などの問題行動となると、話は複雑です引きこもりを治す薬や、よい子になる薬はないからです

精神科の中で、思春期臨床(児童青年期精神医学)の専門家は限られています犯罪精神医学となれば、なおさら少ないでしょう

医師が、どのような診断と治療を行ったのかは不明です

■児童相談所も関わったのに
少女を診察した医師は、児童相談所に電話をかけます給食事件や動物虐待、父親に暴力を振るいけがをさせたことなどをあげ、「人を殺しかねない」などと相談していました

児童相談所の多忙ぶりは、よく報道されています(忙しいから仕方がないとは言いませんが)赤ん坊の虐待事例など、明日にでも命に関わるケースが優先されますもちろん、すぐに命に関わるケースではなくても、児童相談所は対応し、親と面談したり、学校などに出向いて関係者に聞き取り調査なども行っていますしかし、それでも優先順位は判断しているでしょう

また児童相談所は、警察のような捜査を行ったり、強制力を持っているわけでもありません今回のケースでは、通報者である精神科医に対する「助言」という対応にとどまりまったようです
Kis-My-Ft2の冠番組『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ)の8月1日放送回に、同番組のファンだという女優・川口春奈がゲスト出演メンバーがそれぞれ「カラオケの間奏中に素敵な告白」という設定の小芝居を披露した

 同番組は、Kis-My-Ft2のメンバーが“自分のカッコ良さが最も出る瞬間”をテーマに、各メンバーが本気で“かっこいい”と思うシーンを考え、自らが主演した映像を制作そのセルフプロデュースした映像を、キスマイのことをよく知らない女性100人に審査してもらい、1位(=チョーカッコイイ)から7位(=BUSAIKU)まで順位付けされるという、ジャニーズらしからぬ体当たりな企画が売りだ

 まず最初に映像が発表されたのは、第3位にランクインした北山宏光彼は久保田利伸の「Missing」の間奏中に相手役であるマイコの顔をじっと見つめ「実は1年前からマイコさんのことが好きでした」と告白その振る舞いに一般女性からは「誠実な告白」「今日はチャラくないね」といった声が寄せられた第2位は玉森裕太玉森はチェッカーズの「夜明けのブレス」を選曲「もしかしたら気づいてたかもしれないけど、ずっとマイコのこと好きだったんだ」と告白し、すぐに歌い上げる様子に、テロップには歌詞にちなんだ「私の全てを守ってください」などといった声が並んだVTRが流れたあと、スタジオでは宮田俊哉が「個のロケの少し前に、玉(玉森の愛称)から『カラオケ行こうぜ』って電話があって一曲目に『夜明けのブレス』を歌っていたもしかして練習してた?(笑)」と裏話を暴露し、玉森が「言うなよもう最悪」と照れる一幕も

 第4位からは、千賀健永、二階堂高嗣、横尾渉、宮田が順にランクイン千賀は阿部真央の「貴方の恋人になりたいのです」を熱唱するも、歌い方や告白が女々くて気持ち悪いと指摘されたり、二階堂は告白なのかどうかわからない台詞で視聴者を困惑させ、横尾は緊張して上ずった声を一般女性から「歌wwwwww」と嘲笑された最下位の宮田はWANDSの「世界が終わるまでは…」を熱唱し、2度の間奏で同じ告白を何度もしてしまったことに対し、テロップで「おじいちゃん?」「あれ、テープ巻き戻った?」と酷評された

 見事1位となったのは、藤ヶ谷太輔藤ヶ谷はCHEMISTRYの「君をさがしてた〜New Jersey United〜」の途中で「大切な友達と思ってたけど、実は違うんだよね」とだけ話し、次の間奏まで焦らすというテクニックを披露その後「大好きなんだ、付き合ってほしい」と語ったことに「男らしい」、「自然で良い」などの声が寄せられた二階堂に注目しているという川口は「見せ方をわかってる」と評価するが、「だからこそ私は『うーっ』てなる」と、藤ヶ谷のイケメンキャラがどうにも苦手であることも明かした

 後半では舞祭組が7月27日にリリースしたシングル『てぃーてぃーてぃーてれって てれてぃてぃてぃ 〜だれのケツ〜』の初週売上を発表彼らはSMAPの中居正広から「確実に1位を獲れ」と言われており、発表前には同日発売のEXILEに対し、宮田が「超えられない壁じゃないと思ってるんで」と自信をのぞかせていたしかし結果は約2倍の売り上げでEXILE『NEW HORIZON』に差を付けられており、メンバーも「あっ…」と言葉を失うしかなかったようだ

 1位を獲得できなかった罰ゲーム「スカイダイビング」の模様は今後同番組で伝えられるという次回の放送ではゲストに神田沙也加を迎え「夏休み 誰もいない学校のプールでキス」がテーマとなる予定だ

向原康太
「人を殺すかもしれない」という医師が感じた切迫感が、児童相談所には十分届かなかったのでしょうか

精神科医が患者のことを外部に話すのは、よほどのことでしょう児童虐待や麻薬などの場合は、通報義務がありますが、今回のケースは難しい判断だったことでしょう

*医師は、地域の「こども・女性・障害者支援センター」の児童相談窓口に電話していますこのセンターは、児童相談所、身体障害者更生相談所、知的障害者更生相談所の3つの機関が統合された機関です

関わりはしましたが、関わりきれなかったのかもしれませんスマートフォン カバー

関わりはしましたが、関わりきれなかったのかもしれませんケース 人気

関わりはしましたが、関わりきれなかったのかもしれませんシャネル Chanel シリコン
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bfdhgrgr/index1_0.rdf