とによって、自分自身の幅が広がったと実感しているようだ

October 25 [Sat], 2014, 10:12
選日を迎え、9時20分から朝のフリープラクティス1が行われた30分間の走行では、イバン・ミューラー(シトロエン)がトップタイムをマークしている

【その他の写真入り記事はこちらへ】

 快晴の下迎えたWTCC世界ツーリングカー選手権日本ラウンドの予選日今日は9時20分からプラクティス1、ピットウォークをはさみプラクティス2が行われ、スーパー耐久のST4〜5のレースを挟んだ後予選が行われる

 朝のプラクティス1では、コースオープンとともにホセ-マリア・ロペス(シトロエン)を除いた全車が一斉にピットアウトロペスもすぐに後に続き周回を重ねていくそんな中、前日のテストに続き、やはり上位を奪っていったのはシトロエン勢ミューラー、ロペスのふたりが早々に上位を奪っていった

 その後も各車ピットイン〜アウトを繰り返し、ピットロード出口ではスタート練習も行われながら展開されたFP1では、途中シケインに落下物があったり、昨日も赤旗の原因となったヘンリー・クォン(セアト・レオンWTCC)がダンロップコーナーでクラッシュしたりというシーンはあったが島でポジションを失い、大きなチャレンジを決意
 湘南ベルマーレのJ1昇格、徳島ヴォルティスのJ2降格が決まるなど、2014年Jリーグも佳境に突入しているシーズン終盤を迎えているのはタイプレミアリーグ(TPL)も同じ

その他の写真付き記事『10年間を過ごした鹿島アントラーズを離れてタイのBECテロ・サーサナに入団した岩政大樹』

 11月2日の最終節まであと3試合優勝争いはチョンブリーとブリーラム・ユナイテッドの2強に絞られた感はあるが、元日本代表の岩政大樹が加わったBECテロ・サーサナも躍進を遂げた残り3節の時点で彼らは首位・チョンブリーと勝ち点6差の4位につけている

「昨季は7位で、その原動力となった外国人FWを引き抜かれたため、今季開幕前は相当に評価が低かった陣容的にも優勝を狙うなんて到底ムリだと見られていたそんな僕らが着実に順位を上げ、トヨタ・リーグカップでもブリーラムを下して13年ぶりのタイトルを取ることができた

 僕自身もリーグ戦は出場停止1試合を除いて全試合に出場して5点を取れたし、サッカー選手としてもう少しやっていける自信も取り戻せたここでやろうとしていたことはある程度できた」と現地で取材に応じた岩政は手ごたえを口にした

 2010年南アフリカW杯日本代表の一員で、ザッケローニ体制発足後もメンバーに名を連ねていた岩政が、2013年限りで10年間過ごした鹿島アントラーズを退団し、タイに渡る決断を下したことは、サッカー界全体に大きな驚きをもたらした

「そのくらいビックリさせないと話題にならないでしょう」と本人は苦笑いしたが、昨季半年間スタメンを外されたショックが大胆な決断につながったという

「自分がまだサッカー選手を続けていけるのかという不安はありましたもし鹿島で出続けていたら僕の性格上、タイへ飛び出すなんてことはできなかった逆に言えばいいきっかけになったのかもしれない」と彼は努めて前向きに語っていた

若手の見本としても成果守備陣に安定感をもたらす
 今年1月にBEC移籍が正式決定し、2月下旬の開幕まで準備期間があったが、まずは自分の実力を示すことが肝要だった

「自分が大したことないプレーをしていたら『元日本代表はあんなもんか』と言われる常にハードルが上がった状態でプレーしなければならなかった」と本人も言う

 タイ人や他の外国人選手たちは日々の練習から全力を尽くすという意識がやや低く、ちょっとしたところで手を抜いたり集中力を欠いたりする試合になれば時間稼ぎのために倒れる選手が続出する

 そういうルーズさにやはり戸惑いも覚えたというが、1年早くBECに加入していたMF下地奨(元サガン鳥栖)の存在がプラスに働いた

 今季15得点を挙げ、来季は高額年俸でポリス・ユナイテッドに引き抜かれることになった下地は「大樹さんが自分のいい部分を引き出してくれた」と心から感謝していたが、岩政も「サッカーに対する姿勢やプレーの緻密さという部分で同じ価値観やスタンダードを持つ選手がいて本当に助かった」としみじみ語っていた

 とはいえ、TPLは全く初めてのリーグシーズン前半はGKやDF陣との連携面で難しさを感じることが多かったそこで岩政は自分自身でできる限り多くの仕事をしようと割り切った

 1対1で激しくボールを奪いに行くのはもちろんのこと、鹿島時代なら仲間に処理を任せたボールでも自らクリアするなど、とにかく多彩な役割を担った

「タイの選手たちは戦術理解という意味ではまだ乏しい部分があるし、相手を分析した上で対策を考えることが非常に少ないそこで僕は個人的に相手をスカウティングして、ピッチ上で守備陣に伝えるようなアプローチは試みました

 若い選手たちが僕の言うことを吸収しようという意欲を示してくれたのはすごく大きかった昨季のBECテロに比べると、現段階までの総失点が20点くらいは減っている自分のやってきた成果が少しは出たのかなと思いますね」と岩政は自分なりに考え渡来したことによって、自分自身の幅が広がったと実感しているようだ

 最終的に、30分の走行の中でトップタイムをマークしたのはミューラーロペスが2番手で、このふたりだけが2分8秒台に3番手にはティアゴ・モンテイロ(ホンダ)が続き、ガブリエレ・タルキーニ(ホンダ)が4番手5番手がセバスチャン・ローブ(シトロエン)という結果となった今日は9時20分からプラクティス1、ピットウォークをはさみプラクティス2が行われ、スーパー耐久のST4〜5のレースを挟んだ後予選が行われるシャネル Chanel シリコン今日は9時20分からプラクティス1、ピットウォークをはさみプラクティス2が行われ、スーパー耐久のST4〜5のレースを挟んだ後予選が行われるiphone シリコンケース今日は9時20分からプラクティス1、ピットウォークをはさみプラクティス2が行われ、スーパー耐久のST4〜5のレースを挟んだ後予選が行われるアイフォン5s シャネル
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bfdgrdtgbfdg/index1_0.rdf