最後、ボールが元気になってきた去年の終わりとはまた違

September 30 [Tue], 2014, 12:04
メッツを退団することが濃厚となった松坂(AP)
 大リーグは28日(日本時間29日)、レギュラーシーズン全日程を終えたメッツの松坂大輔投手(34)は、今季先発と救援で34試合に登板し、3勝3敗1セーブ、防御率3・89でチームに貢献オフに再契約のオファーが届く可能性もあるが、先発にこだわりをみせており、メ軍を退団することが濃厚となった

 出番のなかったアストロズとの今季最終戦終了後松坂は穏やかな表情ながら「先発をやりたいという気持ちは、これからも変わらないですね」と、きっぱり口にした

 マイナー契約からスタートした今季は先発9試合に対し、リリーフは25試合日米合わせたプロ16年目で初めてブルペンからの登板の方が多く、ロングリリーフやワンポイント、抑えなど全てを経験した「(自身の)野球人生にとっていい一年」と前向きに捉える一方で、先発へのこだわりは消えなかった

 今後の方向性については「終わったばかりなので考える時間はゆっくりありますから、これから」と話したしかし、複数の関係者によれば既に代理人へ先発としてのオファーを待つ意向を伝えており、それはメッツとの決別を意味している再建を目指すメ軍は今季、2年目のウィーラーが初の2桁となる11勝新人デグロムも9勝を挙げ、マイナーにも若手有望株が多いためだス5―9ヤンキース(28日・ボストン)

 米大リーグは28日、レギュラーシーズンが終了した2年連続でポストシーズン(PS)進出を逃したヤンキースでは、イチロー外野手(40)が適時三塁打を放ち、続くデレク・ジーター遊撃手(40)の適時打で生還現役生活最後の試合に花を添えた

 ◆ジーターに聞く

 ―今の気持ちは

 「感情的にはニューヨーク(の本拠地最終戦)で区切りをつけたここ(敵地ボストン)でキャリアを終える心積もりはできていた楽しむことだけを考えた」

 ―内野安打で締めくくった

 「最後の打席だと思っていたヒットを打つことだけを考えていた」

 ―今後は何をする

 「分からないまずは休んでリラックスしたい」

 ―この一年は

 「最後の一年をけがなくできて良かったプレーオフに行けないことは残念だけど、やれる限りのことはやった」

 ―自身の実績をどう評価するか

 「自分では分からない数字のためにはプレーしていない野球、チームメート、ファン、メディアに敬意を払って、一生懸命にやってきた」

 ―20年を振り返って

 「楽しかった自分のやりたいことをやれる人は、そう多くはない最後までやり切ることができた本当に幸せだ今が退く時だ」

 あくまで現状は米球界残留が最優先ただし、先発でのオファーが届かなければ、日本球界という選択肢も現実味を帯びてくるレッドソックスをFAになった一昨年のオフにもDeNAなどが獲得に興味を示しており、日本復帰となれば、複数球団による争奪戦に発展するとみられる

 右肘の炎症で7月下旬に故障者リスト入りし、約1カ月戦列を離れたが、9月は4試合で計6回1/3を無失点だった「最後、ボールが元気になってきた去年の終わりとはまた違った手応えを感じながら終わることができた」確かな感触を胸に、来季に備える

 出番のなかったアストロズとの今季最終戦終了後グッチ iPhone ケース

 出番のなかったアストロズとの今季最終戦終了後携帯ケース コピー

 出番のなかったアストロズとの今季最終戦終了後iphon
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bfdggf/index1_0.rdf