方にとって盲導犬は身体の一部とも言える働き

November 01 [Sat], 2014, 18:18
盲導犬制度の廃止を主張したデヴィ夫人
 埼玉県で7月に盲導犬「オスカー」が何者かに刺されて負傷した事件に絡んでデヴィ夫人(74)が1日、公式ブログで盲導犬制度の廃止を主張した

 デヴィ夫人は加害者を憎み、厳しく罰するための法改正を訴えるとともに、盲導犬が選ばれて訓練を受け、やがて引退するまでの生涯を記して「私はそんな盲導犬制度に対して強く反対の気持ちを持っております」とかねてから抱いていた主張を公にした
IT・科学
IT総合
科学
製品
色と匂いの記憶は脳の同じ部分で処理される 東北大が解明
エコノミックニュース 9月2日(火)7時15分配信

 東北大学大学院生命科学研究科の谷本拓教授 (脳機能解析構築学講座) らの研究グループは、色の記憶はショウジョウバエの脳内で、匂いの記憶と同様の細胞ネットワークによって処理されることを発見したと発表したこの研究成果は2014年8月19日に「eLIFE」誌に掲載された

 ヒトは印象に残るデザートの味、香りは長く覚えているまた寿司で食あたりした場合、その後「体が覚えていて」寿司が食べられなくなるだけでなく、関連する刺し身や生魚の匂いのする食べ物全般が食べられなくなることもあるつまり人間の脳はポジティブな経験(報酬)やネガティブな経験(罰)をその時の感覚情報と結びつけて記憶するのだ

 しかし、この「連合記憶」は一般的に、様々な感覚情報を結びつけるが、例えば「匂い」や「色」のような異なる感覚器官から生じた情報はどのように報酬や罰によって処理されているのだろうか感覚ごとに別々の「記憶神経回路」が脳内にあるのかそれとも同じ回路に集約されているのかこの異なる感覚情報に関する連合記憶の脳内での処理方法、神経回路の仕組みを解明することを目的として、東北大学大学院生命科学研究科の谷本拓教授 (脳機能解析構築学講座) らの研究グループはショウジョウバエを用いて研究を行っている

 ショウジョウバエの脳は 0.5mmにも満たない小さなものだが、脳内の回路の一部である特定の神経細胞を活性化、または抑制することができることが大きな利点だという生きたままのハエの神経を操作し、生じる影響を行動学的に観察することで、操作した細胞にどのような機能が備わっているのかがわかる嗅覚刺激(匂い)の連合記憶を解析するための実験手法として、砂糖(報酬)と電気ショック(罰)を与える手法が確立されている特定の匂いを好きにしたり嫌いにしたりできる

 谷本拓教授らの研究グループでは、匂いの記憶と色の記憶を比較するために、嗅覚記憶と同じ報酬と罰を使って新しい視覚記憶を解析する行動実験を確立し、特定の神経細胞の操作が嗅覚記憶と視覚記憶に影響するかどうかを比較することを可能にしたこれによって、砂糖(報酬)や電気ショック(罰)を伝達する神経細胞を阻害すると、嗅覚記憶と視覚記憶の両方ができなくなることを発見したさらに報酬や罰の情報が伝達される「キノコ体」と呼ばれる脳構造も、嗅覚記憶同様、視覚記憶にも必要であることを解明したこれらの結果から、色と匂いの連合記憶は同じ回路を使っていることが新たにわかった

 今回の研究において異なる感覚情報の連合記憶は脳の特定の神経回路で一括処理されていることが明らかとなったこの結果は脳の働きの効率化という興味深いメカニズムを示唆しているという(編集担当:慶尾六郎)

Economic News
【関連記事】

 デヴィ夫人は「目の不自由なをしているのです」と理解しながら、盲導犬は「本来のネイチャー通り自由に飛び跳ねることも出来ず、はしゃぎ方にとって盲導犬は身体の一部とも言える働き遊ぶことも出来ず、吠えることも出来ず、ただ黙々と目の不自由な方に仕えるのみ」で「それは一種の“虐待”と思っています」と結論付けた

 またデヴィ夫人は盲導犬制度を廃した後の代替措置として「白いステッキが鳴るように改造するとかして『盲導犬』を必要としないで済むように出来ないものでしょうか?」と提案している

 デヴィ夫人は会員制動物救援組織ARKの会員で、6月のブログでは「犬好き」の条件でお手伝いさんを募集しているこの研究成果は2014年8月19日に「eLIFE」誌に掲載されたアイフォン5 カバーこの研究成果は2014年8月19日に「eLIFE」誌に掲載されたシリコンケースこの研究成果は2014年8月19日に「eLIFE」誌に掲載されたシャネル Chanel シリコン
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bfdgdrtghgfgh/index1_0.rdf