のみではなく、受験生が能動的に情報収集をする

July 28 [Mon], 2014, 18:44
望意欲減退」5割弱
Business Media 誠 7月25日(金)22時13分配信
「学生が不祥事・炎上を起こした大学は、志望意欲減退」5割弱
画像:ITmedia
 第一志望の大学で、悪い噂や不祥事など、マイナスの情報を見聞きした場合、志望意欲にどの程度変化があるのだろうか大学・短大への進学を考えている高校生または浪人生に聞いたところ、「志望校から外す」と答えた中で最も多かったのは「アカデミックハラスメントがある噂を聞いた」(25.9%)であることが、ネットエイジアの調査で分かった

【グラフ:どんな大学に興味を持ちましたか?】

 次いで「アルコールハラスメントがあると噂を聞いた」(12.8%)、「大学教授や教員が不祥事・炎上を起こした」(10.9%)、「学生が不祥事・炎上を起こした」(5.1%)と続いた「学生が不祥事・炎上を起こした」学校を志望校から除外するのは20人に1人と、大きな影響はないように感じるが、「行きたくない気持ちになる」(42.0%)を合わせると、半数近く(47.1%)に

 SNSに悪ふざけや犯罪行為が投稿されて起こった炎上騒動が昨今世間を騒がせているが、これらは学生が起こしたものが多かった「こうした炎上騒動は、一旦起きてしまうとネット上にいつまでも残り続けるので、受験生が志望大学の情報を収集する際に、目にする機会も多いだろう炎上騒動や不祥事などによるネット上の悪評は、大学の運営や広報において大きなリスクになることがうかがえた」(ネットエイジア)

●どんな大学に興味を持ちましたか

 あなたはどんな大学に興味を持ちましたか? 受験生だけでなく、現役大学生にも聞いたところ「知名度の高い大学」(34.4%)を挙げる人がトップ次いで「自分の偏差値・学力に合った大学」(34.3%)、「興味のあるキーワードで検索してヒットした大学」(32.3%)、「人(親、先生、友人など)から勧められた大学」(24.1%)、「よく話題にあがる大学」(23.4%)と続いたまた「よく広告を見る大学」は12.7%

伊方原発の再稼働、年度内は困難 事故対策所を造り直し
伊方原発の緊急時対策所が入る免震構造の建物2年半前に完成したが、基準を満たさなくなった=愛媛県伊方町
 原発事故時に現場の指揮所になる「緊急時対策所」について四国電力は25日、伊方原発(愛媛県)に整備した施設が新規制基準に合わなくなったとして、新たな施設を建設すると発表した完成は来年1月以降で、今年度中の再稼働は困難になった他原発でも、まだ新しい対策所が新基準に合わず、造り直しが相次いでいる

 緊急時対策所は、東京電力福島第一原発の「免震重要棟」のように、事故時の指揮に使う施設昨年7月施行の新規制基準で、十分な耐震性と放射線を防ぐ機能がある対策所の設置が義務づけられた

 新基準の施行前から、一部の原発では地震対策を施した対策所の設置が進められてきた東電柏崎刈羽原発の緊急時用の部屋が2007年の新潟県中越沖地震で一時使えなくなったためで、福島第一原発の施設もその一つだった伊方原発も約40億円かけ免震構造の建物を新設約600平方メートルの緊急時対策所を設け、11年12月から使っていた

朝日新聞社
【関連記事】
原発関連 記事一覧
 この結果について、ネットエイジアは「普段からネットを主な情報源とし、多くの情報に接している若年層の高感度を高めるには、広告による接触量を増やすのみではなく、受験生が能動的に情報収集をする際に目につきやすくする施策(SEO対策など)や、親や教師の世代も対象に含めたバズマーケティングなど、口コミで話題になるような施策がより重要になってきているのではないか」と分析している「学生が不祥事・炎上を起こした」学校を志望校から除外するのは20人に1人と、大きな影響はないように感じるが、「行きたくない気持ちになる」(42.0%)を合わせると、半数近く(47.1%)にiphone5 ケース 手帳型「学生が不祥事・炎上を起こした」学校を志望校から除外するのは20人に1人と、大きな影響はないように感じるが、「行きたくない気持ちになる」(42.0%)を合わせると、半数近く(47.1%)にグッチ iPhone ケース「学生が不祥事・炎上を起こした」学校を志望校から除外するのは20人に1人と、大きな影響はないように感じるが、「行きたくない気持ちになる」(42.0%)を合わせると、半数近く(47.1%)にシャネルレザーケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bfdgdrtg/index1_0.rdf