「獅子をおちょくる様子が大事猿に憧れる子どもたちも

September 26 [Fri], 2014, 10:59
【中城】中城南小学校(大城盛文校長)は17日、中城海上保安部職員を招き、水難事故に備えた海や川で簡単に浮く方法を学んだ6年生61人が参加衣服を着たまま2人1組でプールに入って水の抵抗を体感思わず、「おもーい」と声を上げていた
 背浮きの練習では、海保職員から指導を受け、両手を広げて、大きく息を吸って背中から倒れるようにバシャリペットボトルを浮具代わりにすると、上手に浮いていた
 海保職員は「おぼれた時に、靴や洋服などは浮きやすいので、無理に脱がないで」と助言救助の際はペットボトルなど浮きやすいものを投げ入れ、消防や海保に連絡するよう指導した
 平良玄人(はると)君(12)は「ペットボトルを使ったら楽に浮けた」と話した

【関連記事】 【宜野座】2年に1度開催され、118年の歴史がある「宜野座の八月あしび」が13日、村宜野座の平松毛であり、舞踊や組踊などを奉納し、五穀豊穣(ほうじょう)を祈った八月あしびを仕切る二才団の山田健団長は「先輩たちが大切にしてきた歴史ある宜野座の財産を、後世に引き継いでいく責任がある」と継承を呼び掛けた

 道じゅねーの後、平松毛に設置された手作りの舞台では「蝶千鳥」や組踊「伏山敵討」、県指定無形民俗文化財「宜野座の京太郎(ちょんだらー)」、平松毛を舞台にしたオリジナル喜劇「平松毛物語」など24演目を披露迫力ある演舞や笑いを誘う掛け合いに、会場は盛り上がった
 京太郎のリーダーを務めた山城英輔さん(25)は「2年後の120周年を見据えて今回から頑張った」と笑顔メンバーらは11月に村の友好姉妹都市・愛媛県内子町でも披露するといい、馬舞者を演じた幸喜大輝さん(31)は「宜野座のちょんだらーをかっこいい、素晴らしいと思われるように頑張りたい」と意気込んだ

猿と獅子の舞に沸く

 【宜野座】松田区の「八月十五夜あしび」が13日、村松田であり、道ジュネーや舞踊、組踊りなどで豊作を祈願した
 十五夜あしびは2年に1度開かれ、同日は「長者の大主」や「浜千鳥」「本部大主」など25演目が演じられ、区が誇る獅子舞は舞台の前半と最後の2度披露された
 獅子舞は猿(ワクヤー)が果物に見立てた鈴を使って、獅子にいたずらする光景を表現猿と獅子の掛け合いや、見応えあるアクロバティックな動きに、会場からは笑いや拍手が沸いた
 獅子を演じた石川勇次さん(27)と池原輝当さん(28)は「声を掛け合って息を合わせて頑張った」と笑顔猿を演じた松田聖希さん(27)は「獅子をおちょくる様子が大事猿に憧れる子どもたちもいるから、かっこよく踊れるように頑張った」と話した
 獅子は「シィシィガナシ」と呼ばれ、地域の守り神としてあがめられ、およそ170年前から舞が踊られているといい、現在は3代目というまた、松田区の獅子は宜野座区の獅子と夫婦獅子で、松田が雄とされている思わず、「おもーい」と声を上げていたシャネルiphoneケース思わず、「おもーい」と声を上げていたケース 人気思わず、「おもーい」と声を上げていたアイフォン6 シャネル
  • URL:http://yaplog.jp/bfdgdrg/archive/3
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bfdgdrg/index1_0.rdf