10-須世理姫は広間へ帰つて来ると

June 26 [Wed], 2013, 15:22
アディダス スニーカー
壁に差した松明
たいまつ
へ火をともした。火の光は赤々と、菅畳の上に寝ころんだ素戔嗚の姿を照らし出した。
「確に蜂の室へ入れて来たらうな?」
adidas スニーカー
 素戔嗚は眼を娘の顔に注ぎながら、また忌々
いまいま
しさうな声を出した。
adidas ランニングシューズ
「私は御父様の御云ひつけに背
そむ
アディダス スーパースター
いた事はございません。」
 須世理姫は父親の眼を避けて、広間の隅へ席を占めた。
「さうか? では勿論これからも、おれの云ひつけは背くまいな?」
 素戔嗚のかう云ふ言葉の中には、皮肉な調子が交つてゐた。須世理姫は頸珠を気にしながら、背くとも背かないとも答へなかつた。
「黙つてゐるのは背く気か?」
「いいえ。――御父様はどうしてそんな――」
アディダス キャンパス
「背かない気ならば、云ひ渡す事がある。おれはお前があの若者の妻になる事を許さないぞ。素戔嗚の娘は素戔嗚の目がねにかなつた夫を持たねばならぬ。好いか? これだけの事を忘れるな。」
 夜が既に更
ジェレミースコット

けた後、素戔嗚は鼾
いびき
をかいてゐたが、須世理姫は独り悄然
せうぜんadidas カントリー2

と、広間の窓に倚

りかかりながら、赤い月が音もなく海に沈むのを見守つてゐた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bfdd326
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bfdd326/index1_0.rdf