自動車運転技術 神岡ターン

January 17 [Fri], 2014, 13:09
神岡ターン(かみおかターン)は、スライド状態にある車体のコントロール技術(自動車運転技術)の一つ。日本人ラリーストの神岡政夫が最初に行ったことからこの名がつくとされるが、本人は認めていない。通常よりも高速なコーナー進入を行い、通常のクリッピングポイントよりもさらにコーナーの奥にポイントを取る。車体をスライドさせ、スピンする直前に後進のベクトルを与えて車体を安定させ、速度を維持しながらコーナーを脱出する。 コーナーが比較的狭く急であること、スライド時に駆動輪が完全にグリップを失っていること、クラッチや変速機の操作に正確さが要求されること、また変速機への負荷が過大にかかることもあり、神岡ターンを行える・行って効果を得られる条件は限られるが、成功すれば同コーナーをグリップ走行やドリフト走行で走るよりも高速に脱出できるといわれる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bf8eqs9
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bf8eqs9/index1_0.rdf