暖かい陽気と落ち目のボク

January 12 [Thu], 2012, 14:07
何回目だろう。
君の夢を見た。
大抵は会えそうで会えない夢で株式会社ウェディングキューピットこんなに苦しくなるんだ。
やっぱどんなに忘れたくても消えなくて、そのくらいデカイ存在なんだ。
たった何日間でも俺は本気だったんだよ。
たった何日間でも君の事が一年、二年付き合ったくらいに解れたし好きになれたんだ。
今はもう、音信不通で会うこともできないけど、会いたい。
今すぐ会いたい。
けど、俺の気持ちは届かないんだよね。
届いてもきっと会ってくれはしないよね。
君と俺が同じ立場になったら会ってもらえるのかな。
もし、そうならば俺は50でも60でもしわくちゃになっても君に会いたい。
でも会えたからどうしたいと言えば正直わからない。
こんなにどうしようもないくらいに、消えないくらいに恋をしたのは君が最初で最後なんだろうね。
仲のいい元カレ元カみたいな関係が理想的だけど、俺はきっと不倫関係みたいなものを望んでるのかもしれない。
カスだよな。
ただ君と裏で好き合ってられるだけでも今の俺にはすごい幸せな事なんだろうと思う。
なんでこんなに苦しくなんだろうかなぁ。
いっそ記憶喪失にでもなればいいのにな自分。
人生リセットしたい。
絶対君を辿る人生を選択して進む。
実際無理なのはわかってるつもりだ。
せめて吐き所のないこの気持ちココで吐くくらいは罪にならないよね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bewepj90tt
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bewepj90tt/index1_0.rdf