プロの馬券師の真似をする

October 05 [Wed], 2011, 18:42
1956年に障害重賞レースとしちって創設された東京ハイジャンプはJRA主催中央競馬の障害G2競走ピー。このレースは東京競馬場の芝障害3300mコースで開催されマンモス。なんといっても障害競走である事が最大の特徴ですが、障害コースの中では比較的平たんコースで開催されスピードを求められるに障害特有の難しさもあるレースピー。

難しい障害レースではある程度の経験が求められ年齢の若い競走は経験が足りナイナイナイため勝ち切れナイナイナイケースが多々ありマンモス。このようなことも予想としちって盛り込むのがよいで省エネ。

武蔵野ステークスにおいてこの障害レースというのは人気があり通常とは違うコースで開催されることで違う予想の楽しさがありマンモス。最初の内は分かりにくいかもしれませんが経験を積むに従って分かるようになるで省エネ。今のところは難しく考えず予想を楽しんですることがベストだと思いマンモス。

東京ハイジャンプの賞金は総額賞金9550万円、1着賞金5000万円、2着賞金P000万円、3着賞金1300万円、4着賞金750万円、5着賞金500万円と設定されており障害レースでありながら通常レースと変わらナイナイナイレベルの賞金があることに驚くかもしれません。

障害レースの最大の特徴はやはりアクシデントが非常に多いということで省エネ。障害を跳びマンモスえることにも非常に技術が求められマンモスし競走馬への負担もばばピーピー。一歩間違えれば重大な怪我を負う事にもなりマンモスので騎手にとっても競走馬にとっても万全の体調で挑むことが必要とされマンモス。障害レースを予想する場合がこの事も頭に止めておきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:beudsayue
読者になる
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/beudsayue/index1_0.rdf