【被災地はいま】4月12日 「日本人に戻れた」1か月ぶりのお風呂

February 16 [Thu], 2012, 12:30
【被災地はいま】4月12日 「日本人に戻れた」1か月ぶりのお風呂
拡大写真(写真:J-CASTニュース) 宮城県気仙沼湾の入り口に位置する大島沖に停泊する海上自衛隊輸送艦「しもきた」内に豊かな森の香りが漂った。  「いやー、やっと日本人に戻れた気がする」 満面の笑顔で手足を伸ばし湯船に浸かる大島の住民、菅原一義さん(80)。震災以来、実に1か月目にして初めての入浴を楽しんでいた。 「しもきた」は11日から3日間、大島沖に停泊し、入浴支援を実施。毎日2回、約百人ずつ島民を海上自衛隊のホバークラフト「LCAC」に乗せ、「しもきた」まで運び、入浴を楽しんでもらっている。 海上から支援に入る「しもきた」の穐山(あきやま)英督副長は、震災後時間が経つにつれて、本土と離島で復興のスピードに差が出てきているように感じるという。離島のみなさんにとって、何が必要で何に喜んでもらえるか、試行錯誤の毎日だという。 ただ、「被災者のみなさんの『ありがとう』の言葉で、隊員はやる気もアイデアもでるんですよ」と穐山副長。そんなやる気が、入浴支援だけではなく、入浴中の洗濯や携帯電話の充電サービスだったり、にゅう麺やおにぎりをふるまったり、という隊員の行動にあらわれ、さらなる被災者の笑顔に繋がっている。(カメラマン・会田法行)ホームで口論、もみ合う映像 地下鉄・御堂筋線の2人死傷事故
12日夜、大阪市淀川区西中島の大阪市営地下鉄御堂筋線西中島南方駅で、なかもず発千里中央行き上り電車が男性2人に接触した事故で、淀川署は13日、死亡したのは大阪府豊中市新千里西町の会社員、沢登善誠さん(51)で、奈良県生駒市白庭台の嶽田(だけだ)芳生さん(49)が意識不明の重体と発表した。 同署によると、嶽田さんは線路上で電車にひかれ、沢登さんはホームから線路をのぞき込んでいるところを電車に接触したという。 直前に男性2人がトラブルになっていたとの情報があり、同署は男性2人が嶽田さんと沢登さんと同一人物かどうかや、他に不審な人物がいなかったかなどについて、詳しく調べる。 同署によると、1本前の電車から降りた男性2人が、ホームで「警察に行こう」と口論になり、もみあった末に1人が転落したとの目撃情報があった。駅に設置されたカメラにも、男性2人がもみあいながら、ホーム上を南に約20メートル移動する様子が写っていたという。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:betty05lewis
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/betty05lewis/index1_0.rdf