【 更新情報 】

スポンサード リンク

ベトナム株口座開設にあたって

外国株式ば始めようとお考えの方、現在はベトナム株に投資家達の人気は高まってら。
ベトナムは、まさに「高度成長期」ば迎えており、中国に次ぐ成長率となってら。
その成長は、今後も益々伸びるとされていて、ベトナム株口座開設にはまたとねチャンスなんず。

それに、ベトナム株は、続々と企業が民営化されてらこともあり、上場企業数が急増してら。
投資先が増えてらことが、ベトナム株口座開設ばしやすくなってら。

投資銘柄に制限があることが多いのが、外国株式の敷居が高くなってら理由の一つですが、ベトナム株の場合、個別銘柄が自由に買えると言う事も、投資えさとってはポイントが高くなってら。
もちろんそれは、ベトナムの国自体が、安定しており、労働人口が多く、今後益々その数は増え続けていくと言う、企業の将来ば見ても安定してらと言う根本があることはもちろんのことだんず。
その安定性ば担ってらのは、国民一人ひとりが勤勉で、教育水準が高く優秀であると言う事に尽きるびょん。

こみてに、ベトナム株の将来性は充分に見込まれます。
だばって、いざベトナム株口座開設となる前におべでおかなければまねこととして、まだまだ株が流動的であると言う事だんず。
わんつかした原因でも大きく乱れたりするのが、ちちゃけ市場のリスクだんず。
日本の市場では考えられねみでった自体に突然陥る可能性もあります。
それに、日本人がベトナム株ば購入するべと思っても、購入可能な株の割合は49%までと決められてら。
そだけんた知識も踏まえて、ベトナム株口座開設ば検討されてみてはいかがだべか。

ベトナム株ノーロードファンドについて

ベトナム株について調べてみると「ベトナム株ノーロードファンド」と言う文字ば目にします。
ベトナム株ノーロードファンドとは、なんのことだべか?
ノーロードファンドば英語で書くと、「No-load Fund」となります。
要するに、通常だとベトナム株の取引にかかる手数料が発生しますが、その手数料がかからねものと言う事になります。

通常であれば、ベトナム株ば購入する時、解約する時、買取する時などに手数料が発生します。
その手数料ば一切払わねぐても良いわけだはんで投資えさとってはわや魅力的なものだんず。

ノーロードファンドは、欧米あたりでは一般的になって来てらが、日本ではまだまだ制限がされてら。
ベトナム株ノーロードファンドば取り扱ってら所もほとんどね。

ベトナム株ノーロードファンドであっても、もちろん、分配金はあります。
年に一回に決済が行われ、必要経費ば差し引きした分が分配金として配られます。
ただ、取り扱い機関にかっては、分配金に重点ば置くと言うよりは、長期的な保有ばすることにより、契約期間終了時に多くの利益ば出せる方に重点ば置くところもあります。
投資スタイルに違いがあっても、利益はきちんと還元されることには違いはねようだんず。

ただ、ベトナム株ノーロードファンドにももちろんリスクは伴います。
これは、他の外国株式同様に、為替リスクであったり、カントリーリスクであったりだんず。
ノーロードファンドだはんでと言って、飛びつく前に、事前に重要事項の確認はきちんとしておきましょう。

ベトナム株式の人気の秘密

ベトナム株の取引は「ホーチミン証券取引所」と「ハノイ証券取引所」の二箇所で取引がされます。
ホーチミン証券取引所は、2000年7月、ハノイ証券取引所は2005年8月に開設されました。
これば見てもわかるように、ベトナム株は、開設されてまだまだ日が浅い市場で取引がされてら。

上場してら企業の数も、両方の取引所ば合わせても200社余りで、時価総額においては、日本の240分の1と言う規模しかね。
まだまだ小規模なベトナム株式ですが、投資家の間ではわや注目ば集めてら株式となってら。
それには幾つかの理由が挙げられます。

まずは、ベトナム政府の動きだんず。
先ほども述べたように、ベトナム株式は、上場企業が現在ではまだまだ少ねですが、2009年ば目途に770社の上場ばベトナム政府は計画してら。
ベトナム株式市場での上場企業が1000社ば超えるのも、そったに遠い未来ではねと考えられます。
同時に、株式時価総額も短期間に現在の10倍とも言える数字に拡大すると見られてらはんで、この勢いに投資家達が目ば向けね訳がねんず。

他にもベトナム株が注目される理由として挙げられるのは、中国株の存在だんず。
外国株式において、現在一番の人気の中国株ですが、やはり株式と言うものは、どちらにどう動くかわからね取引だんず。
そこで、投資家達は分散投資でリスクば最小限に留める事ば考えます。
その分散先として、ベトナム株に投資する動きが急激に拡大してらんず。
P R
日別アーカイブ