黄熊だけど岸本

March 02 [Wed], 2016, 15:52
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費が高額になることは問題点です。
長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され治療を受ける決心がつきました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたのでインプラントが正解だったと思います。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもありがたみを実感する点です。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど丈夫に作られていることはいうまでもありません。たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。なぜ適用されないかというと、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、時間に見合った医療費がかかります。治療の一部を保険適用にするだけでも、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。地域によってかなり料金は異なります。また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。歯科医院決定に大事なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。
インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされる患者さんが多いでしょう。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。
インプラント治療による危険性を聞いたことがあると思います。その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった口コミがあったかもしれません。それは本当のことではありません。MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていてなので、MRI検査には影響ないと考えてください。
インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療は高額になることを知っておいてください。健康保険が使えることもまれにありますが、厳しい条件を満たさなければならず、ほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとするとその数倍の出費もあることを覚悟した上で始めなければなりません。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。最大のデメリットは費用が高額になることです。治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも珍しくありません。あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化する危険性も承知しておいてください。ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:太一
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/betaekalblhsar/index1_0.rdf