先ほど下げた食器たちを流しに持っていくと、ため息交じりに忠志の声を聞いた

May 21 [Tue], 2013, 10:55

先ほど下げた食器たちを流しに持っていくと、ため息交じりに忠志の声を聞いた
気のなさそうな声を漏らすが、彼の頭の中は目まぐるしく回転している。
不届きな輩なら、俺がガツンと言ってやる、などと考えているのだろうか。
少しすると、そのシュミレーションに満足したのか、読んでもいない新聞をテーブルに置いた。

「あの子も変わったなぁ???。」

先ほど下げた食器たちを流しに持っていくと、ため息交じりに忠志の声を聞いた。
今度はもう一方のあの子の話だ。
彼のため息には、安堵感が込められているように思えたが、その言葉で宏美は、ふと先ほど抱いた疑問を呼び起こす。ミニDVRカメラ

「それなんだけどね、お父さん。」

振り返って忠志を見つめる。

「なんだ?」

そう言いながら、コーヒーを啜る。
そして、空になったマグカップを宏美に差し出した。
それを受け取った宏美は、コーヒーメーカーに残っているコーヒーを全てカップに注いだ。

「もしかしたら、あの子はあの頃と何も変わってないのかもしれない。変わったのは、私たちの方じゃないかって思うの。」

忠志の目の前にマグカップを置いて、呟くように言った。
それが何を意味するのか、忠志には分かるようで分からなかった。

それは、傍から見たらとてもこちらが不信に思う光景なのだけれど、当の二人はそれなりに楽しんでいた。
バスを降りてすぐに動物園の看板が見える。
入場券の購入窓口には、家族連れやカップルなどが何人か並んでいて、今日は混雑していることが伺えた。
二人もその列に加わる。
入場券を購入した後、ゲート下のお兄さんに渡すと「楽しんで行ってらっしゃーい」と某有名テーマパークさながらの零れそうな笑みを向けられた。

先ほど入場券と一緒に園内の地図を渡されたが、亮介はそれを開くことなくポケットにしまう。
もう何度も来ているから、見る必要もないのだろう。
紫真も、さらりと目を通すとパンフレットをリュックの中に押し込んだ。
そして、動物たちが住む檻に順路の看板の指示に従って、時計回りに進んで行った。
紫真はただ黙ってそれについていく。ru486 販売:
動物園にはたくさんの動物たちが棲んでいた。
ライオン、トラ、カンガルー、レッサーパンダ、フラミンゴ、シマウマ、キリン、カバ、プレーリードック。
聞いたこともない名前のサルも、オオカミも何種類もいる。
動物園に来る前までは、紫真は何が楽しいのか理解に苦しんだ。
普段見ることのない動物を、ただ見るだけではないか、と。
彼女は、完全に物珍しいペットの展覧会、というイメージを持っていたのだ
ビグレックス オイル:

西班牙蒼蝿水:
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:www.bestkanpou.com
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bestkanpou1/index1_0.rdf