国籍の違う人たちが増えてきたこの国の将来の考察。 

December 02 [Fri], 2016, 9:34
郊外に住んでいる私も、最近、色々な国籍の人が増えてきたと思います。子供の頃は、(無知もあったかもしれませんが)韓国の方か中国の方、たまりアメリカの方が居たかな?なくらいでした。

私も実際、大学時代の友人の一人が在日二世の(南北の国籍は不明)だったのですが、気が合い仲良くしていたのでした。最近はお互い忙しくて連絡は取っていないのですが、彼は社会正義というものにこだわり、弁護士を目指していたこともあり、一所懸命に勉強していたし、目も輝いていた尊敬できる友人でした。(同じ学年でしたが、社会人経験の後大学に入ったのでいくつか年上の先輩みたいな人でした。)

さて、友人は別の同じく在日朝鮮人の方と友人で、友人宅に遊びに行った時のお話を聞かせてもらったのですが、自分が日本人と知っただけで友人の母親にらみつけてくるわ、居心地悪くてすぐに帰った。大学の卒業式にお互いの親が来ていて、母親が友人の母親に挨拶をしたらやはり日本人という理由で凄く無愛想で目が怒っていたという… 残念ながらこういう方もいらっしゃるようですが… 文化の違いなので仕方がない部分もあるのかも…

しかし、例えば、東京の人に大阪の人のこと聞いたらどうでしょう? その逆もしかり… 文化は国内でもこれだけ異なっていて相反するものですから…まぁ、難しい問題だと思います。

移民の問題も経済的事情もあるとは思いますが、「むやみに」受け入れると、現在の欧米の一部の国の様にその特定の民族や宗教に対する憎悪を生んでしまうのかもしれません。日本人は特に宗教には寛容にも思いますが、積極的に受け入れるとかえって文化摩擦が生じておかしいことにならないか危惧してしまいます。犯罪率の差等、やはり、日本人の多くは単独でやっていきたいという本音もあると思いますし、とはいえ、一部人道的な問題での移民は受け入れるべきかとも思いますし、色々考えさせられるのでした。

いつも行く、近所のコンビニの駐車場でよく会うイスラム?な白い布を巻いた女性。 先日、たまたま目と目が合いお互い頭を下げ「こんばんは…」とあいさつをしてしまった… 今日、たまたま、左手の指を怪我していた私を見て「これ、使ってください!」とバンドエイドを渡してくれました。大阪のおばちゃんみたいに人懐っこいし優しい彼女。先日の挨拶といい、この優しさは日本人みたいだ♪

そう思った瞬間、私はイスラム世界のことは、自分なりに調べてはいるが、そんなに知らない事に気付く…

文化の相互理解…大事なのだと思います。