読書は長く続きますか?

May 11 [Sun], 2014, 22:00
読書がそれを割くことを放すことを合っているA人、そして、考えます、多くがあります、私はそうそれが好きでありません; 本に合うために、どのようにか巡ってきてください、そして、読書は長く続きますか?
それが自分、それが難しいという物語、性質のために退屈である記事が何かの理由で会わないという物語であるとき私がそれを感じるならば、5ページは読んで、他の本でそれをしなければなりません。
私は時間を決定します、そして、均一な、少数しかありません毎日(およそ15分間の)それ、私は時間をかせぎます、そして、読書に精通していてください。 私は、長い時間をとって、読むために、長い秋の夜の間制限されます。 暑い間、夏休みの間、長い間本を読むのが難しい時間です。
私が、辞書をチェックインさせる知っていない語がメモの小学校上の等級より読みやすくなくて、誰かにそれを聞かないために漢字と意味を抽出するとすぐに。
それは、それに実話、ドキュメンタリーと伝記を読んで聞かせること、図鑑、論理のような私が小説より明白であるならば、強制的に小説を読むことなく合う傾向の本を読むことです。 読む印象主義のエッセイがハイスクールの夏休みの宿題のそばに表示されたが、私が5枚の400文字原稿紙のためにそれを書かないときよくありません。
私は、読む印象主義のエッセイにめったに手紙に書きませんでした、そして、本の1 5部分を書くのが難しいです。
私は、太宰治の「Longer Humanでない」を読んだので印象主義のエッセイにそれを書くつもりであるが、私が読む印象主義のエッセイを書くかもしれないようにそれを知りません。
それがそれを書くことに芸術であるならば、必ず私に読む印象主義のエッセイを話してください。
それは単純で、答えます。
「印象」Isそれとはです? 思案を感じていて、ある私が→に感じたもの」。 それはそうです。
文でそれを表すことが印象主義のエッセイであるので、
重要なことは、あなたがちょうど考えたと書かなければならないということです。
読める本が決定されるならば、最初は、私はそれを読みました。
何かの理由でにせよ、読み終わった後に、私は考えるかもしれません
《は面白くて、《が詰まらないすべてと《が》にさえ言うもので》さえ知るというわけではありません; 》でさえ。
「なんて、私はそれを書くでしょう」と思うので、私は煩わせられます、
あなたは、ちょうど慎重に友人と話している時間と日記のようなそれを書かなければなりません。
たとえば、それから、暗い人がどんな人かはあるかどうかはその時について考えられません、そして、《はそのようなふるまい(自分)です!
通常のはこうでしょうー。 感じている》てなのために。
私がそのような文を書くので、力は必要です、
あなたは、最も書くのが自分で簡単である環境に、それを書かなければなりません。
あなたは、手書きによってノートにそれを書くかもしれません、そして、ワープロがよりよいならば、それは問題ありません、そして。
あなたは、特に本の全くすべての目次をカバーすることになる必要はありません。
この場面(この表現)について心配しました; というのであればです
そして、書くために、それは、私が離れて部分だけに持っていくアリです。
さて、あなたが再び書き終わった文を読んで聞かせられます、
私がそれを知らないために自分を平らにすることが言うと思うならば、私はそれをここでみがきます。
「印象」それがそうであるBecause、どうですか、言うことは特にまずいジャガイモも食べません、
自分で人に読ませるならば、私がいつか、きちんと言いたいこと
それが重要であるので、それが読者とここで連絡をとるかどうかにかかわらず、私は調和します。
それはわきに語を書かれる文》です、自分で《、そして、面白いために、私は読みました!
それがありません、そのような文を書くために「なんて、私はそれを書くでしょう」、そして、
それは、よく「自分で感じたこと」に気づいていることになっています。
それ以外の、存在は、私が「このようになければならない読む印象主義のエッセイ」を学校の問題とみなしたいことを義務づけました
これは、まったく参照として用いられないかもしれません。 ^^;
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:チャレンジまま
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/berlinettaf12/index1_0.rdf