パゴダの王子

June 22 [Sun], 2014, 18:55


見に行ってきました。
作曲はブリテンで振り付けは新国立劇場芸術監督のデビッドビントレー氏。

演目自体知らず何と無く見に行ったのですが、振り付けもストーリーも良かったです。
バレエで女性が冒険する家族愛のストーリーというのは珍しいほうなのでは。
ただロイヤルバレエで初演の時代はストーリーも恋愛ものだったようですが。
現代のニーズにマッチしたお話だと思いました。
振り付けもコンテンポラリー要素が入っていたり、アジアを感じさせる振り付けであったりして面白かったです。バリの踊りも音楽も良かったです。何の楽器を使っていたのでしょうか。

新国立劇場もビントレー氏の任期が終わり、終演後四年間の歩みのスペシャルムービーがありましたが、ビントレー氏監督時代に観に行けば良かったと悔やまれます…
アラジンも見たかったですし、ペンギンカフェも気になりました。

中学生以来の新国立劇場でしたが、いい劇場だなーと。
真面目に取り組んでいて。

今シーズンはラバヤデールとこうもりが気になります!

これからは積極的に行ってみよう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bergamasque
読者になる
いっぱいいっぱいな毎日です
2014年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月別アーカイブ
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R