転職や就職には資格取得が有利

November 13 [Fri], 2009, 16:51
求人募集に多い資格は看護士、薬剤師、介護ヘルパーなどの医療・福祉の資格のようです。
その他にもソフト関連資格、調理師免許、大型トラック、重機資格といったものも多く募集があります。
事務職では簿記などの資格保有の募集も多いようですが、事務職にはそれらの資格に加えて、最低でもエクセルやワードといったパソコンスキルも必要なようです。

新卒者の場合は、資格保有も就職に有利ですが、多くの場合は企業での育成方針から、入社後の資格取得を推奨する企業も多く、特に資格の心配はしなくても良いようです。
しかし新卒者でも最近の雇用状況から、決して安心して就職できるとは言えず、場合によってはフリーターの道を歩む事もあるようです。

転職や再就職組みの皆さんの場合、資格の有無は就職を大きく左右しますので、少しでも多くの資格はチャンスがあれば取得しておく事をお薦めします。
しかし何も資格が無いと不安な方には、いまからでも決して遅くはありませんので、自分にあった資格取得を目指しましょう。
最近では福祉関連に人気があり、福祉に興味がある方は他の国家資格と比べても短い期間で資格取得の出来る、ヘルパー3級の資格取得からめざし、上手くいけば2級の資格を取得をすれば、就職には断然と有利に働きます。

その他にもPC関係に興味がある方の場合、Webデザイナー、イラストレーター、フォトショップといったソフトが使えれば、おおくの募集から有利な条件を選ぶ事が出来ますし、短期間でマスターすることも可能です。

その他にもいろいろと資格はありますが、資格取得を目指すなら自分にあった資格内容と、短期取得が可能なものを選ぶのが良いでしょう。
特に再就職や転職の場合は、時間的な余裕も少ない事から、資格取得の機関も考慮することを考えましょう。
こんなサイトも参考にしてみてください。
資格と難易度とランキング