【 更新情報 】

スポンサード リンク

食物繊維の種類

食物繊維には水溶性の物と不溶性の物があります。

水溶性の物は主に、海藻類、こんにゃく、りんご、いちご、ココアなどに
含まれています。
この食物繊維は水分に溶けやすく、コレステロールの吸収を抑えてくれる
働きもあるので、ダイエットにも効果的です。

そして不溶性の物は野菜に多く含まれています。
ごぼうやニンジン、イモ類などの根菜類からセロリなどの野菜、大豆そして
ハト麦や玄米などの穀類にも多く含まれています。

便秘解消にはこの2つの食物繊維を上手く摂取していくことが大切です。
不溶性の食物繊維を多く摂っても、便の水分が不足するので効果が低く
なってしまうんです。
ですのでバランス良く2つの食物繊維を摂ることで効果を高めて行きましょう。

ですが注意して欲しいのは、痙攣性便秘の場合です。
この症状の人は食物繊維を摂っても効果がありません。
むしろ逆効果になってしまいます。
ですので、痙攣性便秘の方は、消化の良いものを摂るように心がけて
くださいね。


便秘にはどんな種類が?

そもそも便秘ってどういう状態からが便秘なの?って
思いませんか?

ただ単に毎日出てれば便秘じゃないのでしょうか?

実は毎日出てても残便感があったり、コロコロした便しか
出ないという状態だと便秘と言われてます。

逆に毎日出ないし、2〜3日に1回だけどとてもスルッと
気持ち良くバナナ状の便が出ると言う人は便秘ではないんです。

便秘には大きく3つの種類があります。
まず、自分はどの便秘に当てはまるのかを見て行きましょう。

弛緩性便秘:この便秘は食物繊維が不足した人や胃腸が弱い人
      またダイエットなどで食事の量を制限してる人に
      多くみられます。
      便が停滞することで大腸の筋肉がゆるんで便を肛門まで
      運ぶぜんどう運動が弱まるために起きてしまう便秘です。

直腸性便秘:これは高齢者の方に多くみられる症状です。
      腸の機能と直腸の筋力が弱って自力で出せない状態。
      こうなると薬に頼りがちになりますが、常用すると
      便意を感じられなくなります。

痙攣性便秘:これは比較的若い世代に多くみられる症状です。
      精神的ストレスや自律神経の乱れなどで大腸の
      筋肉が痙攣を起こしてしまいます。
      そのため大腸が細くなり、便が通りにくくなってしまう
      んですね。
      便秘と下痢を交互に起こしやすいです。

自分に合った症状が見つかりましたか?

まずは自分がどの症状なのかを知り、適切な方法で便秘解消していきたいですね。



便秘薬の危険性

便秘が酷い人が便秘薬に頼ってるという人は少なくないと思います。

薬を飲まないと出ないと言ってる人の話を実際に聞きましたが
実は便秘薬に頼ってると薬を飲まないと出ないという悪循環に
なってしまってる場合もあるんです。

便秘だからと軽く考えて、薬局などで便秘薬を購入して飲んでいると
だんだん普通の量では効果が無くなり、多く飲んだりしてる人の話を
聞きます。

便秘にも色々と種類がありますので、自分に合った薬を飲む方が
安全ですので、医師に相談して飲むようにしたいものです。

ですが便秘薬を常用することで腸内の善玉菌も減少していってしまうので
腸内環境を良くするためには薬に頼らずに便秘解消する方法を
試していきましょう。



朝食を摂って便意を促す

朝食をしっかり摂っていますか?

我が家には生活のリズムが不規則な子がいますが
夜は遅くまで起きていて、朝は出かけるギリギリまで
寝ているという生活ですので、当然朝食を摂る時間は無く
出かけていきます。

そしてもちろん、便秘に悩まされています。。。

仕事をしていて夜遅くに帰宅し、夕食も遅くにとるという
方なら、朝は食欲が無いという方もいらっしゃるでしょう。
ですが朝食を摂らないのは便秘の大きな原因になってしまうのです。

生活のリズムを整えることで、朝は自然に空腹感を覚えて朝食を
摂ることが出来ると思います。

便秘解消の方法として朝食は必ず摂るように心がけましょう。
朝食を簡単に済ませたいという方ならシリアルと野菜や果物など
を組み合わせてもいいと思います。
シリアルにヨーグルトをかけて食べても美味しいですよw

朝食を摂ることで胃腸も働き始めます。
朝食を摂ってしばらくすると便意が起きてきますが、朝にその時間を
とろうと思ったら、1時間はゆとりを持って起きなければいけませんね。
なかなか大変なことかもしれませんが、便秘をほっておくと大腸がんに
なる可能性が高いです。

ただの便秘だからと軽く見ている人は意外と多いのですが
長い間腸の中に便が停滞していると活性酸素が発生し
細胞を刺激し変性させて、腸内細菌のバランスを崩すことになってしまいます。

腸内細菌のバランスが崩れると免疫力が落ちて、癌が発生しやすくなると
言われています。

腸内に長く便が停滞すると、便が硬くなりますよね。
排便時に肛門が切れると、痔にもなりやすいですね。
便秘から痔に悩まされるという症状も辛いものです。

便秘を軽く見ないで早いうちに自分に合った方法で便秘解消して
みましょう。




ヨーグルトで善玉菌を増やそう

最近のCMでもお腹が張ったらこれが効くわよ!なんて
ヨーグルトの宣伝してますよねw

ヨーグルトが便秘に効くというのは間違いないです。
便秘だけではなく、腸の調子も整えてくれる万能選手です。

ヨーグルトに含まれる乳糖がビフィズス菌など乳酸菌の食べ物に
なるため、腸内の善玉菌を増やしてくれるんです。
ヨーグルトを毎日食べることで善玉菌が優勢になり悪玉菌を
やっつけてくれるんですねw

残念なことに乳酸菌の寿命は短く、すぐに死んでしまうため
毎日ヨーグルトを摂って新しい乳酸菌を増やしてやる必要が
あるんですね。

我が家でも毎日ヨーグルトを食べていますが、非常に腸の調子が
よく、軟便だった父も普通の便になったと喜んでいます。

ヨーグルトが苦手だという人は、粉末のビフィズス菌なども
発売されていますので利用するといいと思います。

食で便秘解消する方法とは?

便秘に効くと言えばみなさんの思い浮かべた物は…
まず食物繊維ではないでしょうか?
食物繊維が豊富に含まれてる食べ物を紹介しますw

食物繊維が多いというと野菜を多く摂ればって考える方が
いらっしゃると思いますが、野菜で食物繊維を摂ろうと
するとものすごい量の野菜を摂らないといけません。

たとえばキュウリで1日に必要な量を摂取しようとすると
20本も食べなければならないんです。
そんな量を食べることはなかなか難しいことだと思います。

あと食物繊維が多い食品はイモ類や海藻、豆などになります。
この中でもとても食物繊維が多く良質なタンパク質が豊富な
食品は大豆です。

大豆は食物繊維が豊富で、日本人には昔から親しみのある
食品ですから煮豆や納豆、オカラなどでたくさん摂取することが
可能ですね。

注意しなければならないのは食物繊維が豊富でも不溶性の
野菜を多く摂ることです。
ゴボウやレンコンなどの根菜類は食物繊維は豊富ですが不溶性な
ので一度に多く摂ることはあまりお勧めできません。

便秘を解消するには水分も多く摂った方がいいので、それと相性の
良い食品、水溶性の食物がお勧めです。
海藻類や果物は水溶性の食品なので適していると思いますw
あと、こんにゃくやきくらげ、ひじきにも多く含まれていますよ。

どれも馴染み深い食品なので上手く調理して食べたいですねw