便秘の原因には、水分不足や食物繊維不足、腹筋の筋力低下、 排便欲求の我慢、ストレスなどがあります。朝起きてお腹の 調子が気になる。毎日、お腹の悩みでスッキリしない。 そんなあなたにお腹の悩み解消法をお伝えします。


TBS「スパスパ人間学」で話題。1日7秒”ある事”をするだけで慢性的便秘がスッキリ解消。

サイトマップ
便の記録をつける
数日間便が出ない時、多くの人は「ああ、ちょっと便が出ないな。」と軽く考えてそのまま放置してしまわれる事が多いかもしれません。
何日か経って、改めて便秘になったことに気づき、慌てて下剤を飲んだりする方も多いことでしょう。
しかし下剤というのは何度も飲むのは身体によくないということは、自分自身が一番感じているのではないでしょうか。

便秘というのは、例えば高熱が出た、咳が出る、などといった症状に比べ、病気とみなされるものではないと多くの方が思っていらっしゃると思われます。しかし、本当にそうでしょうか?

便というのは、食べ物のカスであり、身体にとって必要ないものが排出されるわけです。
それらの必要ないものが、ずっと身体の中から排出されないで、長くとどまっているわけです。
身体というのは、必要のないものを排出しないことで、イライラしたり、調子が悪くなったりするのです。
なので、便秘になったと感じたら、いえ、少し便が出ていないなと気が付いたら、ご自身で便秘を解消する努力をすることをお勧めします。

そこでお勧めの方法が、自分自身で毎日便の状態を把握するという方法です。
今日はいつ、何時に、どのような便が出たか?
身体の状態はどうか?
便秘、あるいは下痢であれば、それを解消するためにどのような努力をしたのか?
効果はあったのか?

つまり、「便日誌」をつけるのです!

「便日誌」などというと、少し恥ずかしいような気がするかもしれません。
しかし、それをこっそりとトイレの片隅にでも置いて、毎日記録をつけることが、便秘解消への一番の近道なのです。
自分自身で記録をチェックすることにより、今の自分の便の状態がどのようなのか知ることができ、さまざまなものを試すうちに、どれが自分に一番合った便秘解消の方法なのかを知ることができるのです。

あなたも今日から、「便日誌」をトイレに置いてみませんか?


便秘とキレイさっぱり完全にサヨナラする唯一の便秘解消術
 
   
朝を大切にする
現代社会ではスピードに追われ、毎朝トイレも食事もままならないままに電車に飛び乗るような人も少なくない時代であります。
それらは便秘につながり、しいては生活習慣病までも引き起こすことになりかねません。

便秘を解消したいのならば、まずは朝の生活から見直さねばなりません。

1、朝起きて、コップ1杯の水を飲む

朝に水を飲むことは、寝ていた腸が刺激されて、活動を始めるために必要不可欠です。
朝の洗顔や歯磨き同様、水を飲むことを習慣にしましょう。

2、朝食はゆっくりと

特に水分、食物繊維を多く摂ることには注意を払ってください。

水分は不足すると、便の固さに影響します。
固くて出なくなってしまってから慌てて水を飲んでも遅いです。
意識的に多く取るようにしてください。

食物繊維には便通を促進する働きがあります。
朝食の準備をする時間の無い方にお勧めしたいのは、シリアルです。
シリアルは気軽に食べることができ、栄養のバランスが取れています。

3、トイレタイムを作る

時間に追われ、慌ててドアを出るような生活では、ゆっくりと便意をうながすことすらできません。
せめてトイレで5分は座ってみてください。
毎日の習慣になればしめたものです。
初めのうちは、努力して身体に覚えこませることが大切です。


朝、ほんの少しだけ早く起きて、これらを習慣とすることによって、あなたの生活の中に便秘という文字がなくなる日も遠くないことでしょう。
忙しい朝だからこそゆとりを持つことは、便秘解消だけではなく、その日のあなたの一日の過ごし方にも影響を与えることは間違いありません。

気持ちいい一日を過ごす為に、朝を大切にする。
簡単なようで、現代人が忘れがちなことかもしれません。


便秘とキレイさっぱり完全にサヨナラする唯一の便秘解消術
 
   
ストレス解消=便秘解消
便秘には、大きく分けて2種類のタイプがあります。
ひとつは「症候性便秘」。
もうひとつは「機能性便秘」です。

「症候性便秘」とは、大腸ポリープなどの病気が原因となっている便秘です。
これは、病気そのものを治さない限り、便秘は解消されません。

一方、「機能性便秘」とは、生活習慣やストレスによって引き起こされる便秘です。
「弛緩性便秘」「痙攣性便秘」「直腸性便秘」などがあります。
これらは、生活習慣やストレスを改善することで、便秘が改善されることがあります。

ストレスというのは、便秘と密接な関係にあります。
ストレスがたまることで、自律神経の働きが乱れ、腸の働きが弱まり、「痙攣性便秘」を引き起こしやすくします。
ストレスをなくすことが、便秘解消につながります。

とはいえ、現代社会においては、ストレスが皆無という人のほうが少ないことでしょう。
自分なりの方法で、ストレスを解消するものを見つけることが肝心です。

例えば、趣味を楽しむ。
ショッピングをする。
友達とおしゃべりをする。
映画やテレビを見る。
カラオケに行く。
旅行をする。
おいしいものを食べる。
ペットを飼う。
時には、ゲームやパチンコなどに興じるというのも一つの手段でしょう。

どんなものでもいいのです。
自分自身が、日々のストレスを忘れるようなひとときが持てるのならば、積極的にその時間を作るように心掛けましょう。
便秘だけではなく、身体の諸症状が改善されるかもしれません。


便秘とキレイさっぱり完全にサヨナラする唯一の便秘解消術
 
   
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!