おならばかり出る便秘を改善!便秘がひどくなる前に!

August 01 [Mon], 2016, 14:13
便秘がちになってからというもの、下腹がみるみる出てきただけじゃなくて、オナラの量が増えて、ほとほと困っていました。

臭いもかなり強烈なので、決して人前でオナラを出すことはできません。トイレに駆け込んでおならを出し、消臭スプレーでかき消さなければいけません。



便秘で苦しい思いをしているのに、臭い女だと陰で笑われていやしないか?と不安を抱えていたものの、今は便秘をすっかり解消して、ひどいオナラからも解放されました。


額に汗が出るほど力み続けていたのがウソみたいに、スムーズに便が出せるようになりました。気合を入れてトイレに行っていたのがずっと昔のように感じます。



オナラの臭いも落ち着いたし、肌の調子も良くなって化粧のりも随分と良くなったんですが、私がどうやって便秘を改善したのか?その方法をこのブログで詳しく紹介しています。

胃腸に負担をかける下剤を定期的に飲んでいるわけじゃなくて、健康管理士の資格を持つ人もおすすめしている方法です。あなたもすぐに真似して効果を実感しやすいですよ。

便秘でおならばかり出る原因と対策

August 01 [Mon], 2016, 14:01
■水分や食物繊維じゃダメ?

水分摂取量が減ると便が硬くなりがちです。便秘の症状がまだ軽ければ水分補給で治るかもしれないし、もしくは食物繊維を多くとることで便が出てくれる可能性もあります。

けれども、便秘が続く場合には、その程度じゃ治らなくなります。腸の機能が根本的に低下していて、便を出す力が失われていることが考えられるからです。



ちなみに食物繊維には、便を柔らかくして出しやすくするタイプと、食物繊維自体が水分を吸収して膨張し腸を刺激するタイプの2つがあります。

後者を多く摂取してしまった場合、弱った腸にさらに負担をかける結果を招いてしまい、ますます便が出にくくなる危険があるので注意が必要です。



■腸内環境を整えるには?

腸の働きを元に戻すには腸内環境の改善がポイントです。腸内環境は善玉菌と悪玉菌の2種類の菌によって支配されているんですが、善玉菌不足で便秘になりやすいんです。

そこで、善玉菌を補ってあげることで、便秘解消につながるんですが、単純に善玉菌そのものを補うのは、効率が悪すぎるんです。



ヨーグルトに含まれる乳酸菌も善玉菌なので、ヨーグルトをたくさん食べれば良いの?というと、実は腸に届く前にほとんどが胃で消化されてしまうんです。

どれだけ大量に善玉菌を補給しても腸に届くのはほんのちょびっと。焼け石に水になるだけなので、便秘解消には善玉菌を直接補うんじゃなくて、腸内の善玉菌を増やすのが良いんです。




■オリゴ糖を補給しよう

善玉菌はオリゴ糖をエサにして繁殖します。オリゴ糖は胃で消化されることなく腸までそのまま運ばれていくので、便秘解消にはもってこいなんです。

ただ、オリゴ糖なら何でもよいわけじゃないんです。腸内にいるいろんな善玉菌に合わせて、オリゴ糖もいろんな種類を同時に摂取しないとダメなんです。



スーパーに並んでいる市販品だと、価格は安いものの、オリゴ糖の種類は1つか2つ程度。便秘い解消目的で使うには、まるで力不足なんです。

私が使っているオリゴ糖サプリメントならば、必要なオリゴ糖が一通り配合されています。オリゴ糖100%で添加物が一切含まれていないので、安心して飲むことができます。


返金保証がついていたので、それを当てにして使い始めてみたんですが、結果的に1週間くらいで便秘が改善されていき、2週間もすると便がうんと出しやすくなりました。

オリゴ糖サプリを飲み始めてからというもの、体が冷えなくなったりむくみも軽くなったので、今では手放せなくなりました。

私の体から頑固な便秘を追い出してくれたオリゴ糖サプリがこれです。今ならまだ返金保証がついているので、効果を試してみるなら今のうちですよ。
↓↓↓








便秘がひどくなるとどうなる?

August 01 [Mon], 2016, 13:59
2,3日出ない程度の便秘なら、そんなの便秘じゃない!といえるほど症状が軽いものの、あんまり放置するのはよくありません。便秘がひどくなると、その影響が意外と広範囲に広がるからです。
もっともありがちなのは、肌荒れ、冷え性、むくみ、腹痛といった感じですよね。こういった症状が病気に直接つながるわけではないものの、油断は禁物です。

腸に便がいつまでも残っていたら、胃腸の消化吸収機能だって低下します。そのため、栄養分をしっかり補給できず、量を食べて栄養補給せざるを得なくなります。つまり、食べ過ぎることが増えて太りやすくなってしまうんです。
さらに、腸の働きとメンタルヘルスには強い相関関係があることが判明しています。たとえば、精神的に落ち着くために必要なセロトニンという物質は腸でも生成されることがわかっています。

腸の働きが鈍ってしまい、セロトニンの生成量が落ちてしまうと、気持ちが落ちかなくなって、ストレスを感じやすくなったりイライラしやすくなります。
その影響がまた腸に及んでしまい、さらに腸の元気を奪うという悪循環につながってしまうので、便秘は早目に治したほうが良いんです。