便秘解消で食物繊維を摂ってもお腹が張るだけで逆効果!その原因と対処法

January 24 [Sat], 2015, 10:43
「便秘解消のために食物繊維をたくさん摂っているけど、
 お腹が張って苦しくなって逆効果なんだけど…!?」

という事はありませんか?



便秘解消に食物繊維は効果的だというのは、
多くの人が知っていることではないでしょうか?

食物繊維は腸を刺激して正常に動かしたり、
あるいは便を押し出したりする働きがありますので、
便秘解消に効果的なんです。


しかし、食物繊維をたくさん食べると、
お腹が張って苦しくなるだけで全然便秘を解消することができない、
ということもあるんです。

それは、食物繊維の摂り方に問題があるかもしれません。


食物繊維には、
不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類あります。

それで、便秘解消にはこの2種類の食物繊維を
バランスよく摂る必要がある
んです。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の割合は、
2:1が理想とされています。

しかし、不溶性食物繊維が多いと、
便の水分が不足してしまって出にくくなってしまいます。

そして、不溶性食物繊維は腸の中で膨張してしまいますので、
お腹が張って苦しくなってしまうんです。


水溶性食物繊維は便に水分を与えて柔らかくして、
排便しやすくする働きがありますので、
水溶性食物繊維もしっかり摂る必要があります。


不溶性食物繊維は、キャベツやレタスなどの
野菜類に豊富に含まれています。

そして、水溶性食物繊維は、
海藻類やこんにゃく、山芋などに豊富に含まれています。

また、ごぼうは不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が
バランスよく含まれています。

ですから、食物繊維を摂ってお腹が張って苦しい場合は、
水溶性食物繊維もたくさん摂る必要があります。


もし、水溶性食物繊維をたくさん摂るのが難しい場合、
サプリメントなどで補うといいのではないでしょうか?

「ドサッとこんにゃくリーン+ゴボウ」は、
グルコナンマン(水溶性食物繊維)とごぼうの食物繊維が
配合されているサプリメントです。


詳しい情報は下の画像をクリックすると確認できます。
↓  ↓  ↓