便秘が出そうで出ない時の治し方

July 21 [Thu], 2016, 15:44
便秘が出そうで出なくて朝から晩まで苦しい思いをしていた時期がありました。苦しいだけならまだしも、下腹に鈍い痛みを感じることもしばしば。

かといって、便意を感じてトイレに駆け込んでみても、お尻が痛くなるほど踏ん張ってようやく、カラカラに乾いた感じの便がわずかに出るだけ。



便秘がますますひどくなったらどうしよう?下剤や浣腸を使って無理やり出さなきゃいけないかな?と不安を感じてばかりいましたが、今はすっかりお通じがスムーズになりました。

踏ん張らなくてもお尻からすとんと便が便器に落ちていきます。トイレにこもって、腹筋に思い切り力を入れていた日々を懐かしく感じます。



自分でも不快だった便やオナラの臭いも随分と和らいだし、肌の血色や化粧のりも良くなったんですが、私がどうやって便秘を改善したのか?その方法をこのブログで詳しく紹介しています。

薬を使ってむりやり便を出したわけじゃなくて、健康管理士さんもすすめている方法なので、体に悪影響を与える心配はありません。すごく簡単な手間をかけるだけなので、あなたもすぐに真似できますよ。


出そうで出ないの原因と対策 薬で治る?

July 21 [Thu], 2016, 15:32
■ビオフェルミンで便秘は治る?

便秘を治す薬として、昔からビオフェルミンを使う人が結構います。ビオフェルミンは薬と言うよりは乳酸菌サプリメント。乳酸菌は腸で善玉菌として機能して、腸内環境を整えてくれます。

ビオフェルミンを通じて乳酸菌を補えば便秘が解消できるんじゃないか?と言うことですが、効果はケースバイケースです。どちらかと言うと、あまり効き目がないことのほうが多いんじゃないかと思います。



と言うのも、乳酸菌は口から取り入れても胃酸でほとんどが消化されてしまうんです。よほど大量の乳酸菌を長期間にわたって摂取しなければ、腸内環境を整えるのは難しいです。

便秘が続く場合、善玉菌が不足して腸内環境が乱れていることは間違いないものの、善玉菌を補うには他の手段をとるべきなんです。



■便秘を解消するにはオリゴ糖

便秘を解消するにはオリゴ糖を摂取するのが良いんです。オリゴ糖は砂糖の一種ですが、胃で消化されることなく腸までそのまま届くんです。そしてオリゴ糖のえさになります。

オリゴ糖はちょっとくらい飲みすぎても、体に悪影響を与える心配がありません。考えらえる影響としては、腸の活動が逆に活発になりすぎて、お腹がゴロゴロしやすくなる程度。



胃で消化されることもありませんから体に吸収されて血糖値を高めたり体重を増やす心配のない、きわめて優秀な健康食材なんです。

オリゴ糖を十分に摂取していれば、便秘解消以外にも成人病の解消をしてくれるなど、様々な効果が期待できるんです。



■失敗しないオリゴ糖補給方法

オリゴ糖とは、ラクトースやガラクトースなどの総称で、いろんな種類があります。そして、善玉菌にもいろんな種類があって、エサとなるオリゴ糖の種類が変わります。

オリゴ糖は市販でも安く買えるものの、市販品だと1,2種類くらいのオリゴ糖しか入っていません。便秘を解消するには、全く力不足なんです。



便秘を治すには、私が使っているオリゴ糖サプリメントが良いです。人間の腸内にいる善玉菌のほぼすべてに対応できるオリゴ糖が復習種類配合されているんです。

しかも1日の摂取量はたったスプーン1杯だけ。甘さ控えの砂糖みたいな感じなので、水、牛乳、コーヒー、ヨーグルトとかに溶かして飲めます。



オリゴ糖サプリを飲み始めてから1週間もしないうちに便がうんと柔らかくなって出しやすくなりました。2週間もするとすっかりお通じが順調になり、毎朝決まった時間にトイレに行くのが習慣のようになりました。

おかげさまで出っ張り気味だった下腹もしゅんと引っ込むようになりスタイルも改善しました。冷えやむくみもなくなって、普段の生活がうんと過ごしやすくなりました。

便秘を解消して体調までうんと改善してくれたオリゴ糖サプリメントがこれです。今なら返金保証付きでお試しできるので、効果を確かめてみるなら今のうちですよ。
↓↓↓







便秘が続くと睡眠障害や心の病気にもなる?

July 21 [Thu], 2016, 15:18
便秘は腸内環境の悪化(善玉菌数が減って悪玉菌が優位になっている)ことが直接的な原因なんですが、腸内環境は他にもいろんな面で影響があります。
たとえば、最近の研究では腸でセロトニンと言う成分が合成されていることがわかりました。セロトニンとは、良い睡眠を得るために欠かせない成分です。

腸内環境が乱れるということはセロトニンの量も減少。なかなか寝付けなかったり、睡眠の質が低下して疲れがとりにくくなるといった弊害が起きてしまいます。
それに自律神経との関わりも深くて、腸内環境が乱れると自律神経の働きも狂いやすくなり、ちょっとのストレスで落ち込んだり、心の元気が失われがちになるんです。

便秘を放っておいても良いことは一つもありません。薬を使って無理やり便だけ出しても、その場しのぎでしかないので、腸の働きそのものを改善してあげましょう。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:便秘 出そうで出ない
読者になる
2016年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ヤプミー!一覧
読者になる