体の内側から体調を整える!

April 09 [Mon], 2018, 0:11
今まで便秘でお腹が張ってつらい経験をしたことはありませんか?

また今便秘で悩んでいる方は非常に多いです。

便秘によりお腹が張ると日常生活にも支障がでてきて気分的もどんよりしてしまいます。

お通じが1週間以上続いて起きるお腹の膨満感はとてもつらいものです。

下腹が出てきてお腹の中でガスがたまりおならの回数も増えたりして、おならの臭いも悪臭がひどくなって外出先のトイレを使うのも嫌になります。

何とかしたいと下剤や便秘薬を使用するのは副作用が気になったり、実際に下剤を使用したことで激しい腹痛や吐き気などで苦しんだケースがとても多いことが分かっています。

便秘を解消したいけど下剤のような副作用が心配なものは使いたくない、無理なくスッキリできる方法が何かないのか対策をしなければいけません。

調べてみると口コミ評判でも評価の高い「スッキリ炭べえ」という便秘対策のサプリメントがあることが分かりました!

「スッキリ炭べえ」は竹炭と酵素の2つの力で効果的に便を出してくれて便秘を解消することができます。

炭は便秘解消に効果があると言われており、体調が悪くなると炭を粉にして昔の人は飲んでいたそうです。

またスッキリ炭べえには乳酸菌が豊富に含まれていて、生きたまま腸に届けてくれ善玉菌を増やしてくれます。

そのため体の内側から無理なく体調を整えてくれて便秘・膨満感を解消してくれます。

スッキリ炭べえは通販で購入することができます。

今まで便秘対策をしてきても効果がなかった方は対策として公式サイトから詳細を調べることができますのでチェックしてみてください!

↓↓公式サイトはこちらをクリック!↓↓

運動不足と便秘との関係とは?

March 27 [Tue], 2018, 23:39
便秘になりやすくなる原因はいくつかの要因が重なり、便秘になりやすい環境へと近づくことで便秘になりやすくなります。

便秘と運動不足の関係は、なかなか無視できないものがあります。

運動不足により、便秘になりやすくなる要因の1つであると言えます。

ではなぜ、運動不足によって便秘になりやすくなるのか一度調査してみる事にしました。

■運動不足になると便秘になりやすくなる原因とは?

運動不足と便秘との関係について調べた所、運動をしないと、筋力が低下してしまうのも便秘になりやすい原因の1つだと言われています。

運動不足により、体全体の筋力が低下してしまいますが、腹筋も例外ではありません。

腹筋力が低下すると、排便の際に重要な蠕動運動の機能が低下してしまいます。

また、排便でいきむ力が弱くなるため、便秘へとつながりやすくなります。

一般的に女性は男性よりも便秘になる方が多い傾向がありますが、女性は男性よりも筋力が弱いため、腹筋の力も弱く、結果、蠕動運動機能が弱い方が少なくありません。

運動をしないと腹筋の力が低下し、便を押し出す力が弱くなるのが原因の1つです。

■適度な運動によって便秘解消へつながりやすい?

運動不足の方は、肥満になりやすい傾向にあります。

肥満体型の方の多くが便秘がちな方が多いと言われています。

そのため、適度な運動を定期的に行う事で、脂肪燃焼効果(ダイエット)による健康対策と、便秘解消につながる効果が期待でき、一石二鳥です。

適度な運動が快便へと導く事ができるのは、運動をする事で血行が良くなり、副交感神経の働きが活発になります。

副交感神経の働きが強くなると、リラックス状態にしてくれる働きがあります。

排便は、リラックス状態とても大切になりますので、副交感神経の働きを活発にしてあげる必要があります。

適度な運動によって副交感神経の働きが活発になるため、おのずと便意が来やすくなります。

ですから、定期的な適度な運動は、便秘改善のための大切な対策の1つになります。

便秘でお悩みの方は、対策として定期的な適度な運動を取り入れてみると、改善効果が期待できます。










下剤を服用するときの注意点とは?

March 31 [Mon], 2014, 0:11
便秘を解消するために対策として下剤を服用する方は多いと思います。

しかし下剤を服用する時に注意しなけらばいけない点があります。

下剤は腸に刺激を与え排便を誘発させる働きがありますが、長い間服用し続けると体が慣れてしまいさらに強い下剤を飲まないと効果が出なくなってしまいます。

そうなるとさらに便秘の症状が悪化してしまうため注意が必要です。

排便は、蠕動運動によって腸内の便が直腸に溜まり圧力を受ける事で、脳に信号が送られ、便意を感じる仕組みになっています。

下剤を使用した場合、この脳からの指令を省略する形となるため、下剤を使用し続けると腸内に便が溜まっても便意を感じにくくなってしまいます。

また、下剤を使用する事で腸の機能が低下してしまうと言われています。

腸の機能が低下する事でさらなる便秘の悪化へとつながりやすくなります。

また、下剤を使用する機会が増えると、腹痛をともなった下痢として排便される形となります。

下痢は体内の水分を大量に減らしてしまうため、脱水症状や電解質異常になりやすくなります。

下痢によって、体の水分とミネラル分が失われてしまうため、意識障害やむくみ、不整脈などにも注意が必要になります。

下剤による排便は、最終的に下剤依存症になりやすくなり、上記でも述べたように、癖になり、以前よりも量を多くしたり強い下剤にしないと効果が出なくなる可能性が高くなります。

そのため、下剤による排便は、真の便秘解消ではなく、逆に便秘を悪化させてしまう心配があります。

ですから、最終的には下剤に頼らない、自然の排便で便を出すような、根本からの便秘解消を目指すことが非常に大切になります。