強い日差しからペットを守る 

March 17 [Wed], 2010, 10:32
・ 動物が、家にいるときでも好きなように日影と水場に行き来できることが大事です。また、水容器はひっくり返らないようにします。高齢のペットは出来るだけ日陰に置き、散歩は朝の早い時間か夕方に。ひどくじゃれないようにします。

・ 散歩に行く前に、毛を水で湿らせるのもよいでしょう。途中で水浴びをさせるのも暑気払いになります。

・ エアコンなしで車に乗せるのは避けます。買い物をする間も、ペットだけ車に残しておくのはやめます。

・ ペットを屋外の広いゲージで飼う場合、少なくとも半日は日陰になるようにします。ここでも十分な水とひっくり返らない容器が大事です。

・ それでも、ペットが暑気あたりになったら、応急処置が必要です。まず足全体を水につけ、湿ったタオルを頭にのせ、水分を補給して、ペットの体を冷やします。必要に応じて、スプーンで水を流し込みます。それでも良くならない場合は、獣医に見せます。血液循環安定剤を注射してくれます。


簡単ダイエットなら「やせ茶王」!





便秘解消には「やせ茶王」!





P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:benpi-cha
読者になる
2010年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像フロントラインプラス
» 犬のダニを取る (2011年02月22日)
Yapme!一覧
読者になる