ひさしぶりにここ開くけど 

2007年04月14日(土) 1時00分
5ヶ月くらいじゃ何もかわっちゃいないな。

嫌なことを口に出すようにしてみたけど
それによって失うものも多い気がするの。

あー。

ここんとこ 

2006年11月23日(木) 21時34分

やばいな、と思うと
先輩がお茶に誘ってくれて
小一時間しゃべったりとか
遠くにいる友達が
日記に嬉しいメッセージを残してくれたりして
なんとか繋がっている。
そんな毎日。

会社の後輩が、2年前の私と同じような症状になってる。
だけど、私は、どうしたらいいのか
よくわからない。
私も完全に治ったとは言い切れないから。

現代の病気なんだろうな。
理解してくれない人もいっぱいいるけど
私は彼女がどういう状態か、っていうことだけはわかる。
わかるだけに、まわりの反応が
善意でやっていることはわかるんだけど
逆効果だってこともわかってしまう。
とめようとしたら、ちょっとあせってるように見えたらしい。

だって、手遅れにはなりたくないもん。

血筋。 

2006年11月16日(木) 1時04分
群馬のお百姓の家系から生まれた、画家の祖父と
群馬の警察、後に山梨のお寺の家系の学校の先生な祖母の元に生まれた
今は会社役員の父と
パートナーが3回も変わった鉄道職員だった祖父の娘の
専業主婦な母の元に生まれた
私。

伯父は大学教授
叔父は大手メーカの偉いさん
従姉はたぶん専業主婦
従弟は音大生と高校生と、大学中に私と同じ病にかかりつつ今度就職。
弟は電車の人

まだ、いろいろやってみてもいいんだな、と
ちょっと希望が沸いた今日なのでした。

想像すること。 

2006年11月14日(火) 22時18分

ここんとこ
飛び降りる人とか
殺しちゃう人とか
そういうニュースが多くて
ちょっとひきずられ気味やと思う。

だから、1日休んでみた。
昨日。
どうしても着替えができなくて。
暖かくて、昼まではぐっすり寝た。
午後はテレビをつけてしまってあっという間に終わってしまった。
何をしていたんだろう。
もう、昼を過ぎたら日曜日の夕方と同じような気分だった。
もったいない。

今日、行ってみたら
隣の席のY田さんも風邪で休んでいたそうだ。
周りに迷惑はかかっただろうけど
休んでよかった、と思った。
あの状態で、ひとりだったら・・・と思うと(・・・恐い)。

今日もあまり調子は良くなく
でも、良くないなりに、それなりにできたと思う。
前よりはましだ。
突然泣き出したりはしないし
どれほどひどい状態かは
言葉には出さずに
言葉に出して伝える想像をするだけに止まってる。
ささくれをむしったりもしないし
トイレの壁を蹴ったりもしない。

情報過多。 

2006年11月10日(金) 22時08分

今週はあまりにも調子が悪くて
毎日のように気を失っていて
そしてついに体調を崩しました。
だけど、熱が出ると、なんだかすっきりしますね。
汗いっぱいかくし。

あまりにも調子が悪くて
なんとなく毎日買い物してしまって
雑誌をいろいろ読みました。
あと、立ち読みとかもしました。

とある本には、腸内デトックスするために
ヨーグルトを食べよう!的なことが書いてあるけど
別の本には、乳製品はとらないようにしよう!的なことが書いてある。
いろいろな情報が多すぎて
自分にはどれがあっているのか選べない。
今は親と住んでいるから、食べたいものが食べられないのも
結構ストレスだったんだな、と
今日は親が外出しててひとりでごはんだったから
気づいてしまいました。

やっぱり炊事が好きで
自分でその日に食べたいものを調理して食べたいのです。
うーん、悩ましい。
せめて母が専業主婦じゃなかったらなぁ。

忘れてしまうこと。 

2006年11月05日(日) 21時21分

どうして、楽しいことは続かないのかしら。
そして、楽しかったことすら忘れてしまうのかしら。
楽しかったことでの幸せ感が長続きしない。
この一つ前の日記には、楽しかったことが書いてあるのに。

寝て、起きたら
リセットされていることを祈るのみです。

愛の送信。 

2006年11月02日(木) 23時55分

昨日はあまりにもあんまりだったので
別のサイトに「過食に走ってしまうのは愛が足りないかららしい」と書いたら
仙台やら、大分やら、福岡やら、京都やらから
愛あるコメントをいただいた。
で、ほくほくしてて
今朝くらいまではほくほくしてたんやけど
やっぱり仕事多すぎやわ。
あの愛の充電がなかったら
いまごろどうなっていたことか!
とりわけ、京都からのがツボにはまりました。

オトナになると 

2006年10月31日(火) 21時59分

オトナになると、時間が過ぎるのがはやく感じられるっていうのは
本当なんだなぁ、と実感してます。
働いてると、1日は24時間で
1週間は7日で
1ヶ月はだいたい30日で
その間にやらなくてはいけないことがたくさんあって
うまくやりくりしないと、充実した毎日はやってこない。

最近、楽しかったことをすぐに忘れてしまう。
過食になってしまうのは
満たされない気持ちのあらわれなのか。
どうしたら、満たされるのか
知っているようで知らないようで。

ブレーキはかけずに進みたい。

カウンセリングと吹奏楽。 

2006年10月28日(土) 23時55分

カウンセリングにいきました。
もう日常茶飯事になっていて
前回どんなこと話したか忘れてしまうほどです。

前回は蕁麻疹が出て、風邪を引いての最中だったんで
何も覚えてない・・・。

で、今回は元気だったんで
こんな感じだった、と話したら
変わってきましたね、と言われました。

言われるまで、なんとも思ってなかったけど
言われてみると、そうかもしれない。
風邪や蕁麻疹の間にいろいろ本を読んだり
スピリチュアルなんとかとか読んだりしてたからかもしれない。

変わったのは
頼まれごとをしたときに、今は無理!と思ったら
断るようにしたことかな。
できなくはないけど、身を削ってまでやることではない、と。
私は結構、器用な方なので
平均よりはできることが多いのな。
できるけど、時間には限りがあるから
仕事には区切りをつけるようにしたのが
最近かもしれない。

楽器を吹くときの姿勢もちょっと変わってきました。
楽器やってる、違う畑の知り合いが増えてきて
いろいろな話を聞く機会が増えてきて
だけど、やってることは
大事なところは
同じなんだな、と思った。

つらかった経験もあるけど
その分、音楽をやっていくのに深みが増すというかなんというか。
伝わるのってすごい。

仕事と掃除とジャズと落語。 

2006年10月27日(金) 23時11分

あまりにも理不尽な仕事の忙しさと
某上司の声の五月蝿さと
某専務のわけのわからない話と
電話の多さにやられて
鬱になった。
(3時間くらい)。

いつもは洗うインサートカップを
20個くらい思い切ってゴミ箱に捨てたら
ちょっとすっきり。

そのあと、職場のおねいさんと
居酒屋さんに行く途中の地下鉄で
「ごめんなさいね、イライラしてて」って言ったら
「そんなことないわよ、あれくらい普通よ」っていってくれたので
もうちょっとすっきり。

居酒屋さんでもうひとりとおちあい
ビール飲んで串揚げとか食べて。

ギターとトランペットは相変わらずいい音で。

後から来た知り合いに
「仕事忙しかったんでしょ」っていわれて
「うん、しばらく○○○には行かない」って言ったら
「あー、あそこね、最低。知ってる。」って。
違う職業やけど、かかわってくるんやな。
そして、違う部門でも、そういう相手先なんやなと納得。

はじめての落語も面白くて。
ぼーっと観ててもひきこまれてしまう。

その後もいろいろお話を聞いていて
落語家さんとトロンボニストとか
居酒屋のマスターとトランペッターとか
私はやっぱり
興味ある話を「聞く」のが好きなんやな、と再確認。
輪の中に入れてもらえて、ふんふんと聞いてるだけなんだけど
それがものすごく楽しい。

やっぱり終バス逃しちゃって
楽しくひとりで歩いて帰りました。
かいてる人
hoja
職業は少しだけ特殊なOL
年間休暇105日
土曜日だけEuphonium吹きます
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:benjamina
読者になる
Yapme!一覧
読者になる