コレステロールの種類って?

June 30 [Thu], 2016, 15:54
コレステロール(脂質の一種で、遊離脂肪酸です)は血中脂質(エネルギー源になる以外にも、細胞膜を構成するなど、重要な働きがあります)の事を指し、2つの種類があるのですが、ご存知でしたか?普段はコレステロール(実は健康を維持するためには必要不可欠な物質です)と一まとめに言うことが多いのですが、実際にはLDLコレステロールとHDLコレステロールの2種類あります。コレステロール(高すぎるといわれたら、ビタミンA・C・Eをしっかりと取り、食物繊維もとるようにした方がいいですね)は、血液の中に存在し、血液と一緒に体の中を移動しているのです。LDLコレステロールは、一般的に悪玉コレステロール(この?値が高すぎると、動脈硬化である可能性があります)と呼ねれるコレステロール(たくさん含んでいる食品を食べ過ぎることが問題なのではなく、体内で正しくコントロールできないことがよくないのだとか)で、肝臓から出発して全身へ向かい、血管の壁に蓄積していくコレステロール(ビタミンCや水溶性食物繊維、ビタミンB3などが不足することにより、コントロールに問題が生じることが多いでしょう)です。コレステロール(ビタミンCや水溶性食物繊維、ビタミンB3などが不足することにより、コントロールに問題が生じることが多いでしょう)が高いといわれている時のコレステロール値(食生活を改善することで減らせるといわれています)は、このLDLコレステロールを示しています。LDLコレステロール値が高いと、溜まったコレステロール(実は健康を維持するためには必要不可欠な物質です)によって血管を詰まらせやすくなってしまい、脳梗塞(脳細胞に栄養を供給する動脈が何らかの原因で狭くなったり、詭まったりすることが原因で、脳細胞が壊死してしまうか、壊死に近い状態になることをいいます)や動脈硬化など命に影響する大きな病気を引き起こしてしまう可能性があるになるものです。一方、HDLコレステロールは、一般的に善玉コレステロールといわれるコレステロール(食物繊維やビタミンC、レシチンを摂ることで、余計なコレステロールを体外に排出しやすくなるでしょう)です。HDLコレステロールは、全身にたまった悪玉コレステロール(肝硬変や甲状腺機能亢進症などを発症すると、?値が低くなります)を連れて肝臓に戻る働きをするコレステロール(高すぎるといわれたら、ビタミンA・C・Eをしっかりと取り、食物繊維もとるようにした方がいいですね)だといわれ、人間はLDLコレステロールとこのHDLコレステロールのバランスが取れていることで、健康を保っていることでしょう。コレステロール値(食生活を改善することで減らせるといわれています)は、この二種類のコレステロール(適度な運動もコレステロール値を減らすためには有効だといわれています)の数値の変化で体の健康状況を評価しているものです。そのために、2種類のコレステロール(脂質の一種で、遊離脂肪酸です)の存在や働きを知っておけね、役に立つのではないでしょうか
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ruka
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bemrm0ereedar3/index1_0.rdf