ベルタ酵素は最小限音の添加物で安全性は高いです

November 10 [Thu], 2016, 13:14
アットコスメなどの口コミサイトでも、ベルタ酵素で痩せた!と言う人の声が多く、置き換えダイエットに選ぶ人が増えています。

実際に「念願の40キロ台に到達しました!」「洋服のサイズが1つ小さくなりました!」「お腹が凹んできました!」といったうれしい体験談がいくつもあります。



ベルタ酵素で置き換えダイエットをすると、リバウンドを起こしにくく、さらに腹持ちが良くて空腹を感じにくいというメリットもあります。

このブログでは、ベルタ酵素に含まれる添加物について詳しく解説し、他の酵素ドリンクと比べて安全性はどうなのか?といった話をまとめています。



■ベルタ酵素の添加物

成分表を見てみるとベルタ酵素には若干の添加物が加えられていることがわかります。ただ体に有害な保存料や着色料が加えられているわけではなくて、どちらかと言うと栄養添加といった感じです。

たとえば、イソマルトオリゴ糖があります。これはオリゴ糖の一種で、胃で消化されることなく腸まで届きます。



腸内に生息している善玉菌を増やしてくれるので、ダイエット効果だけではなくて腸内環境改善による便秘やむくみ・冷え性の改善といった効果が期待できます。

ヒアルロン酸・プラセンタといった美肌成分が加えられているのも、他の酵素食品にはないベルタ酵素の特徴の一つです。



口から取り入れると確かに胃液でいったんは消化されてしまうので、ヒアルロン酸・プラセンタがそのまま体に吸収されるわけじゃありません。

分解して吸収された成分がすべて美肌作りに使われるわけではないものの、少なくとも肌がヒアルロン酸・プラセンタを生成する際に、材料不足を起こすことがなくなります。



私たちの身体は年齢と共に体内で生み出せる栄養の絶対量が減ってしまいますから、ヒアルロン酸・プラセンタを体の外から取り込むことは十分に意味があることなんです。

ちなみに、ベルタ酵素は着色料を使っていないせいで、パッケージは可愛いけれど中身はドロっとした茶色で決して見た目がよろしいわけではありません。汗




■お嬢様酵素の場合

ベルタ酵素と人気を二分する酵素ドリンクとしてお嬢様酵素がありますね。お嬢様酵素は野草を中心としていて、価格もお手頃という特徴があります。

月間出荷数も3万本以上という実績を上げているものの、添加物に関してはかなり多めです。保存料などが意外とたくさん含まれています。



たとえば防腐剤として使われている安息香酸ナトリウムは、国内外で体への悪影響が強いんじゃないか?とすごく議論になっている成分です。

他にも、甘み付けに使われているネオテームやスクラロースは、カロリーこそ少ないし、砂糖の何倍もの甘さを誇っているものの、やはり有毒性があると言われているんです。



ベルタ酵素はその点、確かに値段はちょっとお嬢様酵素に比べて割高になってしまうものの、基本的に天然成分のみです。

甘みづけに関してもショ糖など天然の作物から採取できるものが使われているので、妊娠中の妊婦さんだって安心して飲むことができるわけです。



添加物の悪影響を心配することなくダイエットに集中して取り組むことができるベルタ酵素の効果をわりびきかかくでためしてみるにはこちら 
↓↓↓










ベルタ酵素なら酵素を丸ごと取れる!

November 10 [Thu], 2016, 13:09
酵素ドリンクは、本来ならばさまざまな栄養と酵素を同時に摂取できるものなんですが、実は製品化する過程で熱処理してしまうため、酵素の働きが止まってしまうんです。
どちらかというと単なる天然の栄養ドリンクといった方が正しいんですが、ベルタこそならサプリを使って酵素をそのまま取り込むことができます。

食事を通じて酵素を補うことで、体内酵素が消化に使われるのを防ぎ、基礎代謝アップの方へ体内酵素を回せるようになります。
基礎代謝が上がれば寝ていても座っていても本を読んでいても、常に脂肪がエネルギーに変換されて、より痩せやすくなるんです。