ベルタ酵素でも炭水化物は控えめに!痩せる効果を高めるコツは?

October 27 [Thu], 2016, 14:13
置き換えダイエットで体重を減らすことに成功している人が多いことを受けて、ベルタ酵素で置き換えしている人も増えています。

口コミを見ても「ベルタ酵素を飲み始めてから、体重が着実に減っているし身体の調子も良くなってきました!」「思っていたほどお腹がすかなくて助かっています」といったうれしい感想がたくさんあります。



ベルタ酵素なら置きダイエット中に起こりがちな栄養バランスの乱れも補いやすいので、リバウンドを起こす危険もかなり小さくなります。

このブログではベルタ酵素を飲み始める当たって、知っておいてほしい知識や、炭水化物との上手な付き合い方についてまとめています。



■酵素に対する誤解

酵素食品を使ってダイエットをスタートさせた人が次々と減量に成功していることから、あたかも「酵素=やせ薬」みたいな印象を持っている人が多いんですが、それは大きな勘違いです。

酵素自体には、体重を減らす効果は全くありません。脂肪の燃焼を助けてくれるわけじゃないし、体に脂肪が吸収されるのを妨げてくれるわけでもありません。



糖質を分解してくれるわけでもないのに、どうして酵素で痩せるのかというと、置き換えダイエットで摂取カロリーを減らせるのと、間接的に消費カロリーを増やすことができるからです。

酵素ドリンクにはさまざまな栄養が詰まっています。1杯飲むだけで、1食分の食事を補って余りあるほどさまざまな栄養を大量に身体に取り入れることができます。



置き換えダイエットはリバウンドのリスクが付き物ですが、必要な栄養を十分に補うことができていれば、リバウンドを起こすことなく余分な脂肪をどんどん燃焼させることができます。

また、酵素は消化を促してくれる効果があります。食べたものを消化するには通常、体内酵素が使われるんですが、体内酵素の消費を抑えることができるんです。



消化に使われず、余った体内酵素は身体の基礎代謝を高めるために使われるんですが、基礎代謝が上がるということは、必要なエネルギーもそれだけ増えることになります。

つまりエネルギーを生み出すために、やはり余分な脂肪がどんどん燃やされていくので、酵素の力で上手にカロリーを消費して痩せることができるわけです。




■過剰な糖質制限にも注意

ベルタ酵素ドリンクには糖質もほとんど含まれていないので、置き換えダイエットをしつつ同時に糖質制限もすることができます。

糖質制限は炭水化物以外にも、調味料などいろんな食品にも含まれているので、ついつい摂取しがちなんですが、ベルタ酵素ドリンクを飲んでいれば、いちいち糖質がどのくらい入っているかなんて考える必要がありません。



ただ逆に気を付けたいのが糖質の過剰な制限です。糖質は確かにダイエットには大敵です。脂肪よりも先に燃焼され、脂肪の消費が後回しにされるだけじゃなくて、余った糖質は脂肪となって体に蓄積されてしまいます。

食べる量は多くはないのに痩せない人は、糖質をちょこちょこ取り過ぎていることが原因なんですが、ただ、糖質だって私たちの体には欠かせない栄養であることは間違いありません。



特に気を付けたいのは脳への影響です。脳は糖質から生み出されるエネルギーしか利用できません。脳に伝わる血液は脂肪分(コレステロール)をシャットダウンしてしまうんです。

慢性的に糖質不足の状態が続いてしまうと、脳に深刻なダメージを与える危険があります。大袈裟でもなんでもなく、うつ病やパニック障害といった症状を招く危険があるんです。



糖質制限で痩せようと思ったら1日1食を糖質ゼロにするくらいがちょうどよいんです。ベルタ酵素ドリンクを毎朝1回飲むようにするだけでも、十分に体重を落としていけますよ。

口コミでは、1日1回の置き換えでだいたい月に1〜2キロのペースで痩せていくのが平均的です。このくらいのペースなら皮が余って逆にだらしない姿になってしまう心配もないですね。



空腹に悩まされることなく上手に糖質制限・カロリー制限で痩せられるベルタ酵素の効果を割引価格で試してみるにはこちら
↓↓↓